営業

【営業マン必見】社長や経営者へ簡単なアポの取り方【結論:紹介】

しゅんぴです。@shunpoooon

法人営業経験12年目、現役バリバリの営業マンです。

営業していると、「アポを取る」というのは、人間が息をしないと死んでしまうぐらい重要な作業ですよね。

その中でも社長(経営者)へのアポを取るというのは、非常に重要かつハードルが高いです。

この記事では、社長(経営者)に簡単にアポを取る方法を紹介します。


【経営者アポイント】

営業マンが社長(経営者)に簡単にアポを取る方法【結論:紹介】

社長に簡単にアポを取る方法は、「紹介」です。

あなたがアポを取りたり企業の社長を知っている人に紹介してもらう。

これが最も簡単にアポを取る方法です。

飛び込みやテレアポなど、正面突破はおすすめしない

2〜30年前から営業といえば、

  • 飛び込み
  • テレアポ

ですよね。

ただ今の時代に、飛び込みやテレアポで社長にアポを取るのは至難の技です。

何千、何万と数をこなして、圧倒的なスキルを身に着けている人は別ですが、その他一般の営業マンには無理です。

僕も絶対に無理です。

飛び込みもテレアポも基本的には嫌われる手法なので、おすすめしません。

社長(経営者)の紹介アポを獲得する方法

既に関係性のある社長に尽くして尽くしまくる

あなたが営業経験者なら、1人か2人は仲のいい社長さんていますよね?

その社長さんに尽くして尽くして尽くしまくってください。

社長さんは

  • 商工会議所(YEG)
  • 経済同友会
  • 同業者

色んな社長と繋がっています。

あなたが1人に社長に気に入られて、コイツは面白い!良いやつだな!となれば、

あなたに知りたいの社長を紹介してもらえる確率がグッと上がります。

社長が困っていることを把握して協力する

例えばふとした雑談で

「新店を出したいんだけど、どこかいい物件ないかな」

と社長が言ったします。

あなたが例え不動産の営業マンじゃなくても、この言葉を絶対に逃してはいけません。

あなたの知り合いに物件を紹介できる人はいないか?

いなければ、知り合いの知り合いにはいないか?

死ぬ気で社長の新店を出すための物件探しの協力をします。

これができれば、逆にあなたが困っていれば、この社長さんは必ず力を貸してくれます。

どうしても難しいなら、代行サービスという手も

ITやスマホが発達し、営業も一昔前とは随分と変わってきました。

そんな中最近では、アポ取りを代行してくれるサービスも出てきています。


【経営者アポイント】

テレアポにしても、紹介にしても、アポを取るにはある程度の時間、コストがかかります。

であれば、アポを取るプロにお金を払って、アポ取りを代行してもらうっていうのは、非常に生産的な戦略です。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください