柳田悠岐の肉離れからの復帰時期はいつ?3番は誰が打つのか?

プロ野球

ソフトバンクの柳田悠岐が肉離れのため、チームを離れることが決まりました。

復帰時期はいつなのか?

不在の間3番は誰が打つのか?

考えてみました。

現在の柳田の成績

4月7日までで9試合(全試合)に出場し、41打席に立ち31打数11安打、打率.355、ホームラン4本、14打点というハンパない成績を残しています。

これだけの選手が抜けるというのは、チームにとって、工藤監督にとってもあまりにも痛すぎます。

肉離れの原因は?

4月7日(日)に行われた試合で、三塁へ盗塁した際にヘッドスライディングをしましたが、どうやらその時に傷めてしまったようです。

僕も野球をやっていたので、気持ちが盛り上がるとヘッドスライディングをしたい気持ちはわかりますが、やっぱり危険ですよね。

肉離れからの柳田悠岐の復帰時期はいつ?

今日の診断で、「左半膜様筋腱損傷」ようは肉離れという診断を受けたわけですが、復帰時期はいつになるのか気になります。

ニュースによると、全治3週間とありましたので、4月29日(月)になります。

柳田悠岐のことですから、予定よりはだいぶ早く完治して復帰しそうな気がしますが、今年の超大型連休のGWの試合には何とか間に合いそうですね!

GWの試合観戦を楽しみにしている人たちも、柳田を見れないというのは正直観戦の楽しみが半減してしまいますよね!

3番は誰が打つのか?

今シーズンに入ってから、全試合3番をつとめていました。

今回の肉離れで柳田が3週間抜けるわけですが、その間この大事な3番を誰が任されるのでしょうか?

最も可能性が高いのが内川です。

5番のグラシアルを3番に上げる方法もありますが、4番5番のクリーンナップは固定したままで、6番の内川の打順を上げる可能性が一番高いと思います。

個人的には8番、9番を打っている期待の若手上林でもいいかんと思いますね。

内川か上林、このどちらかだと僕はよそうします。

まとめ

ソフトバンクにとって、柳田の3週間の離脱はあまりにも大きすぎますが、それをカバーできるだけの選手層の厚さがソフトバンクの強さでもあります。

 

 

 

 

コメント