【2019】菅野智之が打たれない5つの理由!なぜ打てないのか?

菅野智之すごいですね。

4月5日(金)の横浜戦で今シーズン1勝目を上げましたね!

筒香vs菅野は見ていて手に汗握りますよね。

今日はそんな菅野智之が打たれない5つの理由について考えてみました。

菅野智之はなぜ打てないのか!

スポンサーリンク

■見出し1 菅野智之はなぜ打たれない5つの理由


参照元:NPB公式サイト

①精密なコントロール

アウトーにビッタビタのあのコントロールは見ていて惚れ惚れします。

キャッチャーの小林のミットが構えたところから1ミリも動かないことが多々あります。

もちろんアウトローだけでなく、時にはインコースにズドン!

ストレートだけじゃなくて、右バッターへの外のスライダー、左バッターへの外のボールからアウコースへ入ってくるスライダー。

本当に超一流のコントロールを持っている投手です。

②150kmを超える直球

先発投手でありながら、勝負どころで決め球にストレートを投げる際はほとんどの確率で150kmを超えています。

中継ぎや抑えの限られたイニングで150kmを出すのではなく、先発完投型の投手が150kmを投げられるというのは本当にすごいと思います。

③多彩な変化球

  • ストレート
  • スライダー
  • カットボール
  • カーブ
  • フォーク
  • ツーシーム(シュート気味)
  • ワンシーム(シンカー気味)

僕が把握しているだけで、7つの変化球があります。

ただ投げられるだけじゃなくて、すべての変化球が超一流です。

バッターからすると本当に狙い球を絞るのが難しいと思います。

メインは、ストレート、スライダー、カットボール、フォークですね。

④度胸

技術だけでなく、メンタルももちろん重要な要素の1つです。

あの自信満々の、ふてぶてしさも感じるような顔は、絶対的な存在感を醸し出しています。

⑤責任感

開幕投手を努め、自分が巨人のエースだと言う責任感と自覚が本当に強い投手です。

今では稲葉ジャパンにも選出され。巨人だけでなく日本球界を代表する選手になりました。

スポンサーリンク

まとめ

菅野智之が打たれない5つの理由!なぜ打てないのか?について、僕の考えを述べてきました。

現在日本球界でNo1投手である菅野を分析してみると、本当に投手に求められるすべての要素が最高レベルだということがわかります。

このまま巨人に居続けるのか、メジャーへ挑戦するのかというのも注目ですね!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
野球ネタ
スポンサーリンク
シェアする
しゅんしゅんをフォローする
スポンサーリンク

コメント