前澤友作(ZOZO)時価総額1兆円がヤバイ!?彼女や妻は社内恋愛?

ビジネス

こんにちはshunpiです。

今日は株式会社スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)の代表取締役である「前澤友作」についてです。

7月9日(月)の21:00~22:54に放送される「深イイ話」で今田耕司の潜入取材の様子が放送されます。

最近では女優の剛力彩芽との交際も発覚し、今ビジネスもプライベートも誰からも羨ましがられる、超イケてる社長さんです。

そんな前澤友作ですが、噂によると時価総額が「1兆円」ということです。

営業利益や純利益や年収や年商ではなく、「時価総額」が1兆円というのがどういうことなのか気になるので、調べてみました。

またスタートトゥデイは社内恋愛OKで前澤友作も推奨しているということですが、過去の彼女や妻も社内恋愛だったのでしょうか? 早速調べていきたいと思います。

[ad#1]

前澤友作のプロフィール


出典元:東洋経済ONLONE

 

【名前】:前澤友作(まえざわゆうさく)

【生年月日】:1975年11月22日

【年齢】:42歳

【出身地】:千葉県鎌ケ谷市

【身長】:162cm

【血液型】:O型

【学歴】:早稲田実業高校

 

今飛ぶ鳥を落とす勢いの前澤友作社長ですが、その経歴は非常にユニークです。

早稲田大学在学中にほとんど大学の授業には出席せず、ンディーズバンド「SWITCH STYLE」を結成し、バンド活動に明け暮れていました。

当時はドラムを担当していたようです。

1995年にはCDも発売していて、かなり本格的に音楽活動をされていました。

1995年にはバンド活動のお金を稼ぐために、輸入レコード・CDの通販ビジネスをはじめて、これが意外と上手くいき、かなり忙しくなり当時の彼女や友達に手伝ってもらっていました。

多い時で月商が800万円程稼いでいたようで、当時からビジネスの才能があったことが伺えます。

1998年5月に有限会社スタートトゥデイを設立、同時にBMG JAPANからメジャーデビューを果たしました。

2000年4月に有限会社スタートトゥデイから、株式会社スタートトゥデイなります。 2001年にバンド活動を休止、経営者の業務に集中し始めました。

2007年12月に東京証券取引所マザーズに上場、2012年2月に東証第一部に市場変更し、さらにビジネスを拡大させていきます。

2016年にはフォーブスが発表する「日本の富豪50人(Japan’s 50 Richest)」で14位にランクインするまでになりました。

[ad#1]

前澤友作の時価総額1兆円がヤバイ!?

前澤友作の時価総額が話題になっています。

噂では年収は30億円、総資産額は2830億円と言われています。

年収や資産はなんとなく意味がわかると思いますが、「時価総額」と言われると少しわからない人も多いのではないでしょうか?

時価総額というのは、発行しているすべての株に現在の株価を掛けた数字です。

正式には「株式時価総額」と呼ばれます。

日本企業では上位に「トヨタ」「ドコモ」などが居座っています。

トヨタやドコモと違いまだまだ新しい会社のスタートトゥデイの時価総額がこれだけ上がるということは、簡単に言うと、この企業に前澤社長にZOZOTOWNに期待している株主がすごい数いるということですね。

先日の発表会でスーツやシャツ、ネクタイなどのビジネスへの展開も発表されたので、さらに株価は上がり、株主も増えていくのではないかと思いますね。

[ad#1]

前澤友作の彼女や妻は社内恋愛?

スタートトゥデイでは社内恋愛を推奨していて、どんどん社内の人と恋愛して結婚しようという風習と言うか文化があります。

では前澤社長の彼女や妻も社内恋愛なのでしょうか?

現在は女優の剛力彩芽とお付き合いをしていて、ともに交際を認めている前澤友作社長ですが、

過去にはモデルでダルビッシュの元嫁の紗栄子とお付き合いをしていて、結婚も秒読みと噂されていましたが、2017年8月に破局したというのは、皆さんの記憶にも新しいと思います。

さらに前澤友作社長には子供が3人いると言われていて、全て母親が腹違いと言われています。

つまり過去に3人との女性との間に子供が生まれています。

認知はしていますが、結婚はされないSTYLEです。

その3人はモデルの女性や社内の女性とも言われています。

こういった話を見ると、本人も社内の女性とお付き合いをされたことは過去にあるのではないかと思いますね。

[ad#1]

まとめ

明日21時〜日テレ「深イイ話」見てね!

Yusaku Maezawaさん(@yusaku2020)がシェアした投稿 –

ZOZOTOWNを運営する株式会社スタートトゥデイの前澤友作社長について見てきました。

もともとはメジャーデビューまでしてバンドマンが、現在では日本一儲かっているファッションサイトZOZOTOWNを運営する経営者になりました。

時価総額1兆円、年収30億円、総資産2830億円のとんでもない人物になってしまいました。

こういう勢いのある経営者を嫌う人やアンチもいるんでしょうけど、彼を見る限りダメな点は全く見当たりませんし、おじいさん、おっさんたちのITリテラシーのない世代には理解できない人もいるかもしれませんが、若い世代にとっては間違いなく超カリスマですね。

ZOZOSUITという体のサイズをスマホで計測する商品・サービスを作り、先日それを利用したビジネススーツやシャツの販売の展開も発表されました。

これからも前澤友作社長の勢いはまだまだ増していくと思います。

これからも目が離せません!

前澤友作はなぜSNSで炎上発言を繰り返すのか?その理由がヤバい!
...
前澤友作社長(ZOZO)がプロ野球経営に参入?買収なら球団はどこ?
...

[ad#1]

 

コメント