柳家花緑(やなぎやかろく)が発達障害を告白!wikiプロフィール

皆さん、こんばんは。

いつもブログを御覧いただき

ありがとうございます。

本日は落語家の柳家花緑(やなぎや かろく)さん

について調べてみました。

何やらネットを見ていると

「発達障害」とい言葉が出てきます。

いったい何があったのか調べてみると

ニュース記事がヒットしました。

柳家花緑「発達障害」の過去告白「お陰で今の自分」

8月4日に発売した著書

「花録の幸せ入門」の中で

自身が「発達障害」であったことを

告白されています。

小中学生の頃はテストで0点を取ったり、

忘れ物が多かったり、

通知表が1ばかりだったそうです。

2013年に出演したテレビで

自身の1ばかりの通知表を公開したところ、

それを見た視聴者から、

自分の息子と同じで、それは

「発達障害」だった可能性があると

メールが届いたらしいのです。

それをきかっけに自分が

「発達障害」だったのでは?

と認識されたそうです。

花録さんは、発達障害のおかげか、

おしゃべりだったおかげで、

こんなに落語が上達したと

超プラス思考なコメントをしています。

そんな柳家花録さんのことを

正直あまり知らなかったので、

プロフィールを調べてみました。

スポンサードリンク

発達障害とは?

発達障害という言葉は、

ネットが発達したおかげか

よく名前を聞くようになりました。

先天性の脳の障害で、

学習障害や注意欠陥

多動性障害、自閉症障害、

アスペルガー症候群など

その症状は多岐に渡ります。

花録さんもそうですが、

こういった情報がない昔では、

落ち着きがない、

忘れ物が多い、

など先生に怒られていたんだと思います。

実際に花録さんも先生に

往復ビンタをされたと言っています。

正直言って、我々素人には

それが甘えなのか、発達障害なのか

わからないです。

しかしその一方で、名前は伏せますが、

世の中の一流起業家、スポーツ選手は

発達障害の人が多いとも言われています。

柳家花緑のwikiプロフィール


引用元:http://www.me-her.co.jp/profile/karoku/

芸名 柳家花緑(やながいや かろく)

本名 小林九(こばやし きゅう)

生年月日 1971年8月2日(46歳)※2017年8月28日現在

出身地 東京都豊島区

身長 168cm

体重 58kg

血液型 A型

特技 ムーンウォーク

趣味 読書、映画・演劇鑑賞、ピアノ演奏

所属 Me&Herコーポレーション、落語協会

師匠 5代目柳家小

1987年の2月に出説の落語家、

5代目柳家小さんに入門します。

そこから、柳家花緑さんの

落語家人生がスタートします。

柳家小さんは、花録さんの

祖父にあたります。

要はお母さんのお父さんですね。

母親は元タレントの

小林喜美さんです。

子供ができたら1人は

落語家にしたいという

思いがあったようで、

お兄さんがバレエをやっていたので、

花録さんを落語家にしたいと思ったそうです。

歌舞伎と違って世襲の細かい決まりは

恐らくないのだと思いますが、

柳家花緑さんの場合はおじいちゃんが

偉大すぎたのもあって、きっと身近に

落語が常にあったのだと思います。

スポンサードリンク

まとめ

筆者もあまり知らない落語ですが、

柳家語録さんを調べていると

少し興味が湧いてきました。

持ちネタが190あると言っていましたが

生でプロのしゃべりを聞いてみたいです。

筆者は普段は営業をするビジネスマンですが、

仕事以外の場所での色んな刺激を受けたいと思っています。

落語や歌舞伎や日本舞踊など、

時間作って行ってみます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする