山口俊(巨人投手)出場停止!戦略外?自由契約?事件は真実なのか?

山口俊(30)が2017年シーズンの

今季終了まで出場停止が決まりました。

事件を少しおさらいすると、

7月10日の夜から11日にかけて

友人と飲みに出ていた山口投手は

その際に右手を負傷しました。

酔ったまま都内の病院へ行き

そこで事件は起きました。

病院につくと扉を壊し、

警備員を負傷させてというのです。

そして、本日18日警視庁に

傷害と器物損害の疑いで

書類送検されました。

球団社長は契約解除を考えたが

本人の反省が伝わり、チャンスを

与えたといいます。

トラブルが起きた7月11日から

シーズンの終わる11月30日まで

1日につき、年俸の300分の1に

相当する罰金及び減棒の処分です。

こんなヤバイことをして

この処分でいいのでしょうか?

今後の可能性を考察してみました。

スポンサードリンク

自由契約や戦力外にならないのか?

この処分は賛否両論あると思います。

プロ野球の一流チームの

1軍の投手が、シーズンまっただ中に

傷害と器物損害はありえません。

すぱっとクビにするべきだと思います。

しかし球団社長はチャンスを与えました。

去年横浜ベイスターズから移籍して

昨年は怪我で全く機能しませんでした。

それだけでもありえません。

そして今シーズンは4試合に登板し

1勝1敗、防御率は6.43

何の約にも立っていないのに

こんな事件で目立つって本当に

情けなすぎてたまりません。

チャンスを与えると言っても

これから反省の仕方次第では

進退の方向性が変わる可能性も

あるのではないかと思っています。

事件の真実は

ちょっとここで考えてみたかったのは、

この事件の真実はどうなのか?

ということです。

我々は雑誌や報道で事件を知るので

話だけ聞くと、めちゃくちゃ最低だと感じます。

でももしも、たまたま躓いて扉を破壊したり

警備員から何かふっかけてきたとしたら、

山口が少し可哀想かもしれません。

まあそれはないとは思いますが。

たとえそうでもそうとられるようなことを

一流のプロ野球選手がこれでは話になりません。

スポンサードリンク

まとめ

横浜から巨人に昨年移籍した

山口俊について見てきました。

一流のプロ野球選手であるはずが

器物損壊と傷害で書類送検という

話にならないことをしてしまいました。

横浜に巨人にもファンにも

本当に迷惑をかけた男です。

体格も良くて、いい球投げるんだから

気持ち入れ直して、反省して

巨人の先発ローテに入って、

チームにファンに恩返しをしてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする