WBC、プエルトリコがサヨナラで決勝進出!タイブレークって何?


出典元:http://mainichi.jp/articles/20170321/k00/00e/050/233000c

プエルトリコがオランダ破り決勝/WBC準決勝詳細

スポンサードリンク

プエルトリコ、サヨナラで決勝進出!

日本時間3月21日(火)にWBC準決勝、
オランダ vs プエルトリコの試合が行われました。

3対4でプエルトリコのサヨナラ勝ちという
結末を向かえました。

プエルトリコは決勝進出です。

ものすごい内容での決着となりました。

11回裏からタイブレークに突入しました。

ノーアウト1、2塁から、5番モリーナが
送りバント成功し、1アウト2、3塁

6番バエスは敬遠

7番ロサリオがセンターに犠牲フライ
放ち、見事サヨナラ勝ちを決めました!

タイブレークって何?

ところで皆さん「タイブレーク」って
ご存知でしょうか?

よくテニスなどで使われる言葉ですね。

簡単にいうと、

「決着が付くまでやる」ってことですね。

今大会で言うと、

2次ラウンドの日本 対 オランダ戦でも
タイブレークに突入して、見事日本が勝利しました。

オランダはタイブレーク大嫌いでしょうね(笑)

WBCでは、2009年の第2回大会から
タイブレークが採用されました。

延長12回裏終了時点で同点なら、

延長13回からノーアウト1、2塁で
回がスタートします。

前の回の最後のバッターが1塁ランナー

その前の選手が2塁ランナー

つまりノーアウト1、2塁から始まります。

決着がつくまで続きます!

今大会(第4回)からは、ルール変更があり、
11回からタイブレークとなりました。

ちなみにWBSCプレミア12では第1回の2015年から
延長10回以降にタイブレークを導入しています。

まとめ

日本の決勝の相手がプエルトリコで
あることが本日決定しました。

明後日のアメリカ戦をどんな形でも
いいから勝利し、

世界一を奪還して欲しいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする