仙台育英の渡部選手の蹴りは故意?偶然?ネットは大炎上!真実は?

甲子園のホームラン数の

新記録が生まれたり、

広陵の中村捕手という

三拍子揃った、スターが誕生したりと、

例年にないほどの盛り上がりを

見せている甲子園ですが、

物議を醸すプレーが発生しました。

その問題が起きた試合は

8月19日の大阪桐蔭vs仙台育英の試合です。

結果的に仙台育英のさよなら勝ち

大阪桐蔭が破れました。

最後はセンターオーバのヒットで

サヨナラ勝ちを決めた仙台育英ですが、

最後から2番目の打者の時、あるエラー

大阪桐蔭に発生しました。

9回裏ツーアウトで、ショートゴロ

しかもイージーなゴロです。

ショートが難なくさばいて、

一塁へ送球、ゲームセット!!

かと思いきや、一塁塁審

なんとセーフの判定

リプレイを見てみると、確かに

1塁の中川選手はショートからの

送球を取る前に、ベースから離れ

取ってからベースを踏もうとしました。

しかし、上手く踏めずにセーフ。

このあとのバッターにセンターオーバーを

打たれて、試合は仙台育英のサヨナラ勝ち

幕を閉じました。

スポンサードリンク

1塁の中川選手に一体何があったのか?

試合を見ていた人は、全員が、

中川くん、何してるの!!!!

と思ったはずです。

あの大阪桐蔭でも、最後に

気が緩んでしまったのか、、、

僕もそう思っていました。

最後に勝利が見えて、気持ちが

緩んでしまったのではないか。

しかし、ネット上で仙台育英の

ある選手のプレーが大炎上しています。

いったい何があったというのか?

そのプレーが起きたのは

7回の仙台育英の攻撃まで

遡ります。

7回に仙台育英の渡部捕手

内野ゴロで1塁へ走るシーン。

僕もyoutubede見返しました。

すると、ベースを踏む寸前に

左足で、1塁の中川選手の

右足のふくらはぎの辺りを

思いっきり蹴っているんです。

ネット上では、

サッカー部が混じってたか?

インステップキックだろ!

キック練習か?

大阪桐蔭はサッカー部に負けた

などと大炎上してしまいました。

ネットは本当に怖いですね。

渡部選手の蹴りは故意なのか?偶然なのか?

小中高と野球をやってきた筆者ですが、

普通に考えて、あのような蹴り方が

偶然起こるとは考えにくいです。

本人は意識がなくても、セーフになりたい一心が

無意識にあのような蹴りを起こさせたのなら

それはそれで問題です。

あの大阪桐蔭の中川一塁手への蹴りが

故意なのか、偶然なのか、これは

渡部選手以外には誰もわかりません。

見た目は故意に見えますが、

高校野球の大ファンの筆者としては、

偶然であって欲しいと信じています。

スポンサードリンク

まとめ

久しぶりに相当盛り上がっている

甲子園ですが、

ちょっと嫌なことが話題になってしまって

哀しいのが正直な気持ちです。

一生懸命やった結果が

偶然あのようなことになった

そう思いたいです。

もし故意でなければ、仙台育英の

渡部選手の今後が心配です。

こういう嫌な話は忘れて、

準決勝、決勝を楽しみたいですね!

甲子園、第99回大会、なぜホームランが多いのか?歴代大会記録は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする