澤村拓一の不調はイップスではなく施術ミス!?トレーナーは誰?責任は?


引用元:http://npb.jp/bis/players/81985133.html

これは本当にかなり衝撃的なニュースが

飛び込んできました!!!

【巨人】球団が沢村に謝罪…施術ミスで神経麻痺

スポンサードリンク

澤村拓一の不調はイップスではなかった?

筆者も過去の記事で澤村があまりにも

ノーコンになってしまった原因は、

ずばり「イップス」だ!と唱えてきました。

このブログに限らず色んなところで

「イップス」論は加熱していました。

精神的な理由が原因で筋肉や関節が

本来の動きができなくなる精神的な症状です。

もし今回の報道が真実なのであれば、

超スーパー大事件でしょう。

球団トレーナーのせいで、

未来ある巨人の投手の不調の原因が

まさか治療のミスなんて、、、。

今年の2月の沖縄キャンプで右肩に異変を感じた澤村は、

27日に球団トレーナーの「鍼治療」受けたそうです。

しかしそれ以降も症状は回復せず、

原因を球団が調査した結果、

複数の医師から、

「長胸神経麻痺」(ちょうきょうしんけいまひ)

と診断されたというのです。

これは投球中になったとかではなく、

外部からの影響の可能性が高いということです。

3月4日の日本ハムとのオープン戦の危険球退場し、

それ以降調子は上がらず、先日は一軍にきたと思ったら

数日後二軍行きを監督に自ら伝えて、登板なく二軍へ戻りました。

球団トレーナーは誰なのか?

ネット上で調べてみると、以下のトレーナーが

現在の巨人のトレーナーと出てきています。

ほぼ間違いなくこの中に澤村の施術を

行ったトレーナーがいることは

間違いないでしょう。

・医療コンディショニング室長:神谷成仁

・1軍チーフトレーナー:長橋光行

・1軍トレーナー:萩原彰紀

・1軍トレーナー:長濱静徹

・1軍トレーナー:吉田和正

・1軍トレーナー:根津朋将

・2軍チーフトレーナー:種田貴績

・2軍トレーナー:半田剛

・2軍トレーナー水留直輝

・3軍チーフトレーナー:川島希余茂

・3軍トレーナー:諸星潤

・残留故障班PT:石原祐司

・残留故障班PT:荒川玲

・残留故障班トレーナー:大塚五百紀

・残留故障班トレーナー:鬼頭健介

・アスレティックトレーナー:岩垣光洋

スポンサードリンク

球団側の責任は?

9月9日に石井球団社長鹿取GM、そしてトレーナー

澤村へ謝罪に球場に訪れたそうです。

そこでどんな会話をしたのかはわかりませんが、

澤村は「大丈夫です」ぐらいしか言えないですよね。

今回の件、澤村が復活できなかったとしたら、

球団はどのような責任をとるのでしょうか?

お金のパワーで何とかするのでしょうか?

澤村が復活するために治療費をたっぷり出して

なんとか復活してくれるのを祈るっていうのが

今後の動きとして最も可能性が高いのではないでしょうか?

実際に球団社長が本人に謝罪をするということは

ほぼ施術のミスは間違いないことが伺えますし

世間にもそれが知れ渡ってしまいました。

こんなニュースはプロ野球に限らず

今まで聞いたことがありません。

まあ公になっていないだけで、事例は正直

あるとは思いますが、、、。

ただプロ野球チームのさらに人気球団の

ジャイアンツで起きてしまった事件です。

これから球団側がどのような対応をして、

澤村がいつ復活するのぁ、復活しないのか

ここは注目のポイントですね。

スポンサードリンク

まとめ

澤村の不調の原因が球団トレーナーの施術ミスでは!?という

驚愕のニュースが本日飛び込んできました。

トレーナー本人も故意にやっているわけはありません。

そしてまだトレーナーの施術が今回の原因かも

100%確定ではないと思います。

澤村がこれから復活することでそのトレーナーも

報われると思います。

やっぱり巨人のストッパーには澤村に

戻ってきてもらいたいですね。

あの思いっきりのいい投げ方と150kmを超えるストレート

あのピッチングをまた見たいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする