大田泰示、日本ハム移籍でなぜ打てるようになったのか?その理由は?


引用元:http://npb.jp/bis/players/41345118.html

「小さくなっていった」打撃改善 ハム大田泰示が本塁打量産態勢へ

巨人から日本ハム

移籍した大田泰示

遂に本来の能力を

発揮し始めました。

松井秀喜以来の大物かと

期待されて入団しましたが

本当に結果がなかなか

出ませんでした。

正直見ているこっちも

辛くなるときがありました。

しかし2017年のシーズンは

トレードで北の大地へ

移籍しました。

日本ハムファイターズです。

ここで彼の持っている

ポテンシャルが爆発

することを期待してます!

スポンサードリンク

大田泰示の成績

それでは2009年

入団時から

2017年の5月19日(金)

までの大田泰示の

成績を見てみましょう。

2009年(巨人)

1打数0安打 打率.000

本塁打0 打点0

2010年(巨人)

6打数0安打 打率.000

本塁打0 打点0

2011年(巨人)

28打数4安打 打率.154

本塁打0 打点3

2012年(巨人)

63打数16安打 打率.254

本塁打2本 打点7

2013年(巨人)

31打数5安打 打率.161

本塁打0 打点2

2014年(巨人)

65打数16安打 打率.246

本塁打2 打点12

2015年(巨人)

130打数36安打 打率.277

本塁打1 打点3

2016年(巨人)

114打数23安打 打率.202

本塁打4 打点13

2017年(日本ハム)

※5月19日(金)

68打数17安打 打率.250

本塁打5 打点12

5月19日終了時点で

この成績です!

確かに打率はまだまだ

低いとは思いますが

彼の過去の成績からすると

この時点でこの数字は

見事です。

まだ打席数も少ないので

打率はまだまだ上がります。

スポンサードリンク

なぜ打てるようになったのか?

巨人時代もよく構え

足の上げ方タイミング

とり方を変えていましたが、

確かにそれは重要です。

が、彼は元々パワー

技術も兼ね備えていました。

その持っていた能力を

発揮できていなかったのが

活躍できていなかった

彼の原因です。

あれほどなにやっても

ダメだった大田泰示

なぜ日本ハムでこれほど

活躍を始めたのか?

これはもうズバリ

「メンタル」の問題ですね。

彼と話したことがあるわけでは

ないですが、

見ていると、精神的

強い選手とは思えません。

調子の悪い時の顔

失敗した時の表情

恐らくクソ真面目な性格

さらに日本一お金を持っている

特別な球団、ジャイアンツ

巨人でのプレッシャー

大田泰示は間違いなく

押しつぶされていました。

だからいくら構えや

タイミングの取り方や

技術的な部分を改善しても

結果は出ませんでした。

一時的には出るかもしれませんが

結局は続きません。

日本ハムに移籍した

今はというと

さすがは栗山監督だな

という気がします。

元々、若手をどんどん使う

監督です。

失敗したら監督のせいです。

だから選手は思い切って

プレーして、失敗もしていい

とにかく楽しんで野球を

して欲しい

これが僕の栗山監督の

イメージです

事実、最近の大田泰示の

プレーや表情

そしてヒーローインタビュー

見ていると、巨人時代

自信のない顔では

明らかに違ってきました。

日本ハムは彼に与えた環境が

彼の元々持っている能力を

開花させています。

大田泰示は本当にいいチームに

移籍したと思います。

ひょっとしたら

トリプルスリーだって

数年後に狙えるかもしれません。

僕はそれぐらいポテンシャル

彼は持っていると思っています。

スポンサードリンク

まとめ

巨人から日本ハムに

移籍した大田泰示に

ついて書いてきました。

巨人にいた時とは

表情も違うし

もちろん成績も違います。

トレードではありましたが

このチャンスを活かして欲しいですね。

この体格で走攻守全て揃った

選手になれれば、

今シーズン今のところ

波に乗り切れないチームの

救世主、

そして今後の日本ハムの

中心選手になれるはずです。

頑張れ大田泰示!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする