大谷翔平がポスティングでメジャーへ!球団や移籍金や年俸は?二刀流は通用する?

日本プロ野球会の宝、日本ハムの大谷翔平選手が遂にメジャー挑戦を決めました。

大谷翔平のメジャー挑戦が正式決定 日ハムがポスティングの利用容認を発表

花巻東高校時代に高校3年の岩手大会で、

160kmを記録し、世の中を震撼させました。

そしてメジャーを希望していた大谷を

栗山監督が口説き落としました。

岩手へ色んなデータや資料を持って通う姿は

まるで法人営業担当者のようでした。

そのかいあって、まずは日本球界で力をつけることを選んだ大谷翔平。

遂に遂にメジャーへストリーが幕を開けようとしています。

技術も体力もそしてメンタルも5年のシーズンを終えて

ものすごく成長したと思います。

そんな中で、気になることをまとめてみました!

そもそもポスティングって何?

気になる獲得球団は?

気になる年俸は?

二刀流はメジャーでも通用するのか?

スポンサードリンク

そもそもポスティングって何?

最近頻繁に聞くようになりました、

「MLBへポスティングで移籍する」とい言葉。

皆さんも聞いたことがあると思いますが、

いったいどういう移籍の仕方なのでしょうか?

移籍するには大きく2つの方法があります。

1つはお馴染みのFA(フーエージェント)

これは1軍で8−シーズン(1シーズン145日)以上出場した選手に与えられる権利です。

権利を行使すれば、自分に興味を持ってくれた球団と話して、お互いの条件が合えば他球団へ移籍するという仕組みです。

そしてもう一つがポスティングシステムです。

超簡単にいうと、FA権を取得しなくてもメジャー挑戦を申請できます。

野茂英雄がメジャーへ移籍するために近鉄を対談して、

ドジャースへいきました。

この出来事をきっかけにポスティングシステムが

できて、そして注目されはじめました。

本では1998年に調印された「日米間選手契約に関する協定」

により創設され、2012年に失効しましたが、2013年に再度復活しました。

気になる獲得球団は?

さて気になる球団はどこになるでしょうか?

大谷が先発する試合は、メジャーのスカウトも

10人以上はいつも来ています。

マー君のいるヤンキースか?

ダルビッシュのいるドジャースか?

いったいどこになるのでしょうか。

一部情報では、日本人エースのいない球団にいきたいという本人の考えもあるようで、そう考えると上記2チームは変わりますよね。

二刀流ということであれば、DH制のあるリーグの方がいいかもしれません。

スポンサードリンク

気になる移籍金は?

移籍金について調べてみると、今と昔で仕組みが変わっていました。

そういうことかというと、今は上限が決まっています。

決まっていなかった時は、

ダルビッシュが58億円、松坂が56億円など、

かなりすごい数字になっていました。

2013年から上限額が見直されて、現在では

22億円となっています。

田中将大や前田健太も22億円でした。

ですので、大谷翔平もここは22億円で間違いないかと思います。

気になる年俸は?

これはかなり気になりますよね。

まずは現在の日本人メジャーリーガーの年俸を確認してみましょう。

イチロー

約2億3,000万円

田中将大

25億3,000万円

上原浩治

6億9,000万円

田澤純一

5億7,000万円

ダルビッシュ有

12億6500万円

岩隈久志

16億1000万円

青木宣親

6億3250万円

前田健太

3億5900万円

実力はもちろん、ヤンキースだからというのもありますが、

すば抜けています!

25億!!!!!

マー君が25億、

ダルビッシュが12億

岩隈が16億

これを見ると、球団によっては15億はいきそうですね。

二刀流ということもあって、今までの選手とは注目度が違います。

いったいくらになるのか、非常に興味があります!

発表されるのが楽しみです!

スポンサードリンク

二刀流はメジャーでも通用するのか

さてこれはもしかしたらプロ野球選手大谷ファンの

最も気になる話題ではないでしょうか?

日本ハム入団後、二刀流を容認してきた栗山監督。

頭が石みたいに固い人たちは無理と言ってきましたが、

確かに怪我もしましたが、今までこなしてきました。

自分がHR打って、自分が投げきるとかもありました。

もはや二刀流というか化物です。

野球モンスターですね(笑)

メジャーの各球団もドジャースなんかは

二刀流をさせると言っています。

メジャーでも二刀流を見たいのは我々の思いですが、

メジャーもそこまで甘い世界ではありません。

ただそんな世界で日本人が二刀流で活躍する

これはもう漫画のレベルです!

っていうか漫画でも描けないレベルのことを

彼は成し遂げようとしています。

順番的にはまずは投手としてしっかりローテに入って、

その後、投げない日はDHで出るなどがいいですよね。

ここぞでは代打もいけます。

二刀流に対して、ネガティブでない球団への移籍が

大谷にとってはマストですね。

考えただけでも今からワクワクします!

まとめ

本日、大谷が正式にポスティングを使っての

メジャー挑戦を表明しました。

球団社長、栗山監督ともに認めています。

メジャーにいこうとした彼を呼び止めて、

日本ハムで5年間一緒に闘った栗山監督は

本当に父親のような思いだったと思います。

今までの常識では考えられない、二刀流

それだけでなく、先発で1番に起用する。

そして先頭打者ホームランを打つ大谷。

2人の描いた夢はまだ始まったばかりです。

これからも2人の師弟関係は続くと思います。

大谷がメジャーを代表する「二刀流」選手に成る日は

もうそこまできています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする