中村紀子(ポピンズ会長)と安倍昭恵の関係は?夫や娘や年収もチェック!

こんにちはshunpiです。

今日は株式会社ポピンズ会長である、「中村紀子」についてです。

本日文春砲が放たれました。


まだまだ野党議員たちはモリカケ問題に奮闘していますが、野党が喜びそうなネタが再び文春によって透過されました。

中村紀子と安倍昭恵の関係とまた中村紀子の夫や娘年収についても調べていきます。

スポンサードリンク

中村紀子のプロフィール


出典元:NIKKEI STYLE

1949年(昭和24年)5月26日生まれで、現在69歳です。

どことなく美容系の経営者のたかの友梨っぽい雰囲気がりますよね(笑)

調べていると、経歴がすごくて驚きました!

1973年にテレビ朝日に入社し女子アナとして活躍、

1976年に結婚し、同年10月にテレビ朝日を退社されています。

まず元女子アナだったというのはかなり驚きましたね!

その後はフリーのアナウンサーになります。

1977年に長女を出産されますが、その後、が設立していた会社の業績が悪く、倒産し、さらにマンションを差し押さえられるという壮絶な経験をされています。

1985年にはJAFE(日本女性エグゼクティブ協会)を設立されて、自身が代表に就任されます。

1987年には現在のポピンズの前身である、ジャフィサービス株式会社を設立されます。

こうやって経歴を見ると本当に男よりも女性の方が強いなって思うし、テレ朝の女子アナから日本を代表する企業の経営者にまで上り詰めるというのは、並大抵の努力ではないと思いますね。

ポピンズとは

中村紀子が会長を務める、株式会社ポピンズとはどんな会社なのでしょうか?

HPを見てみると、以下のような事業をしていることがわかりました。

・子育て支援サービス

・乳幼児教育支援サービス

・子育て事業コンサルティング

・介護支援サービス

・介護人材育成支援サービス

上記に書いている通り、保育系の事業がメインですが、コンサルや人材派遣などとても幅広く事業を展開されていることがわかります。

中村紀子と安倍昭恵の関係は?

今回、文春が報じた中村紀子会長安倍昭恵はどんな関係なのでしょうか?

本人たちの口から明かされたわけではないですが、調べてみると安倍政権で行われた国家戦略特区を活用した規制緩和があり、その恩恵を受けてポピンズの業績に追い風が吹きました。

そのあたりから安倍昭恵中村紀子親密な関係になったと言われています。

中村紀子は週刊文春の取材を拒否されているが、ポピンズ社が、

「首相夫人とは17年の世界女性サミットなどを通じて知り合いましたが、そのことと国家戦略特区提案とは、何ら関係ありません」

と回答しています。

この文春砲をきっかけに、これからさらに色んな情報が出てきそうな雰囲気がありますね。

明日からまた野党がこの話で与党を追求し始めるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

中村紀子の娘


出典元:経済プレミア

「中村紀子 娘」というキーワードが意外と検索されているようなので、中村紀子の娘について調べてみました。

名前は轟麻衣子(とどろき まいこ)という名前で、現在はポピンズで社長をされています。

海外でMBAを取得し、2010年にポピンズに入社し、2012年から役員を務められています。

社長の座を娘に渡したあとは、中村紀子は会長職についています。

娘の轟麻衣子は2児の母親でもあります。

中村紀子の夫

中村紀子の夫ですが、現在は既に離婚されているようです。

自身で設立していた会社が倒産して家族に迷惑をかけたり、娘さんが体調不良の時にも看病をせず仕事ばかりしていたことなどが原因で離婚されたようです。

確かにこんな夫だと頼りにならないし、離婚したくなる気持ちはよくわかります。

しかし逆に考えると、こんな夫だったからこそ、中村紀子はここまでの事業拡大をする起業家になることができたのかもしれません。

とはいえ相当な努力をされてきたんだと思いますね。

夫の詳細は明らかにはなっていません。

スポンサードリンク

中村紀子の年収は?

気になる中村紀子の年収ですが、文春によると事業収入が120億円でそのうち補助金60億を受け取っていると言われています。

事業収入ということは利益のことでしょうか?

利益だとしたら、そうとうな利益ですよね。

120億の中でどれだけが自分の収入として使えるのかは完全に予測になってしまいますが、余裕で1億は超えているでしょうね。

娘の社長も相当いい思いをしていそうです。

まとめ

今回の文春砲で安倍昭恵との関係を報じられてしまった中村紀子ですが、もちろん週刊誌の情報なので信憑性はまだわかりません。

野党はまたいいネタを見つけられて、明日から水を得た魚のようになると思います。

ここから中村紀子サイド、安倍昭恵サイドから反論が飛び出すのか、それともお互いに沈黙を続けるのかは注目です。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク