松坂大輔がソフトバンクで契約延長か!?なぜ戦力外にならないのか?

松坂大輔まさかの!もう1年契約延長も フロント「ここまできたら何とか雄姿を」

東スポなので信憑性は

かなり低いです。

が、可能性は0では

ない気がします。

今年で3年契約

満了します。

ソフトバンク

日本球界復帰してから

正直1度も活躍を

していません。

推定年俸は4億円

言われいます。

2017年の1軍登板は

1度のみです。

それで4億円です。

契約だから松坂が

悪いわけではないですが、

結果が全てのはずの

プロの世界でこれは

ちょっとないですよね。

黒田なんて20億近くを

蹴って、2億の広島

選びました。

しかも去年も引退しましたが

先発投手の一角でした。

誰もが思う疑問があります。

それは、

なぜソフトバンクが

松坂大輔を重宝するのか?

ということです。

その理由について

調べてみました。

スポンサードリンク

復活すると思っている?

甲子園大会が近くなり、

昨日のテレ朝の「キリトル」

みたいな番組でも

特集をやっていました。

番組冒頭は松坂大輔

横浜時代の映像でした。

正直、今見てもすごいとしか

言いようがありません。

球のスピード

変化球のキレ

無尽蔵のスタミナ

そして打撃力

何をとっても超一流でした。

だからこう呼ばれていましたね。

「平成の怪物」

本当にその通りでした。

松坂より急速のある投手が

現れてはいますが、

やはりあの投げっぷりは

過去の甲子園出場投手の中でも

軍を抜いています。

正直横浜高校から

西武時代が一番よかったと

個人的に思っています。

体格もいいし、

腕の振りもいい

変化球のキレもいい

スタミナもある

もうこの頃の松坂に

復帰するのは無理でしょう。

ではコントロール重視

技巧派になるのか?

なろうとしていましたが、

この有様です。

オープン戦ではそこそこ

頑張ってはいましたが、

ストレートは140km超えるのが

やっとでした。

松坂の130km台なんて

想像もしたことありません。

だからといって

コントロールがいいわけでも

ありません。

佐藤コーチとマンツーマンで

やっていましたが、

なかなか難しいですね。

元々コントールは悪い

投手ではあるので、

なかなかスタイルの変更は

難しいですね。

スポンサードリンク

政治的な力が働いている?

政治的と書きましたが、

国会議員とかいう意味ではなく

ずばり、孫オーナーですね。

松坂の獲得に一番力を

入れていた人物と言われています。

そりゃ1年4億ぐらい

余裕で出しますよね。

何とか「平成の怪物」

メジャーから戻ってきて、

ソフトバンクで復活をする

みたいなストーリーを

何とか実現したいのかも

しれません。

あくまで私の予想です。

まとめ

平成の怪物と呼ばれていたのが

懐かしいと感じてしまいますが、

野球マニアの筆者としては

もう一度活躍する姿を

見たいというのが本音です。

同じソフトバンクの

元大エースの斎藤克己

最後は怪我で球界から

消えていきました。

二人ともパワー系の

投球フォームですが、

やはり肩や肘への負担は

かなり大きいのだと思います。

思い切ってサイドスローか、

アンダーズローにするとか

どうでしょうか?

意外と成功したりするかも(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする