【日本シリーズ】広島の丸佳浩が不振の理由はFAで悩んいるから?

スポーツ

日本シリーズ第3戦はソフトバンクが9-8で何とか逃げ切りましたね!

それにしても日本シリーズに相応しい、最高に面白いゲームが続いていてます。

生で見ている人たちが羨ましい!

 

さてそんな中、広島にはかなり心配なことが怒っています。

3番を打つ、打線の中軸、要の丸の調子が全く上がりません。

今日はまさかの4三振でした。

スポンサーリンク

日本シリーズ第3戦終えての成績

第3戦を終えて、丸の成績は12打数1安打という打率が1割にも満たない状態です。

丸なくしては今年のカープは勝たれませんので、スタメンを外すことはまず100%ないですが、広島としては悩みの種ですよね。

もちろん最も辛いのは本人です。

不振の理由はFAで悩んでいるから?

丸といえば、今年のFA市場の大目玉ですよね。

打ってよし、守ってよし、走ってよし、そして中距離ヒッターであるはずが、今年は39本もの本塁打を放っています。

ネット上では巨人行きがかなり噂されていますね。

大事な日本シリーズで、まさかFAのことで悩んでいて調子が上がらないなんてことはないと思いますが、人間ですからそれはわかりません。

FAって野球選手からすると、相当なターニングポイントですからね。

スポンサーリンク

最後に

今年の日本シリーズもレベルが高く相当面白いですが、その中でも注目しているのが、広島の丸とソフトバンクの柳田です。

ともにセンターを守り、3番、4番を打つチームの主力です。

柳田はカープ投手陣の内角攻めに苦しんでいましたが、徐々に本来の形が出始めています。

次の試合ではそろそろホームランが出そうな気がします。

一方で丸は12打数1安打と未だ眠ったままです。

丸が爆発しない限りは、カープの優勝はないと思います。

第4戦で復活するのを楽しみにしてます。

スポンサーリンク

コメント