國重友美(書道家)が西村和彦と離婚!原因や理由は鬼嫁?子供の親権は?

書道家國重友美さんが一昨年の冬に、俳優の西村和彦さんと離婚していたことがわかりました。

國重友美さんと言えば、金髪の綺麗なルックスでかなりSっ気漂う素敵な女性ですが、西村和彦さんとの結婚生活ではよくテレビで鬼嫁として紹介されて、我々もそういうイメージが強いですよね。

前に何かの番組、國重友美さんがお風呂から出る頃には、タオルを持って体を拭きに行くなど、かなりのM夫ぶりだなとは思ってましたが、それで上手くいっているなら別に誰からも文句言われる筋合いはないですよね。

そんな國重友美さんと西村和彦さんの離婚の原因子供の親権について調べてみました。

スポンサードリンク

國重友美のプロフィール

本名:西村知美

生年月日:1978年12月11日(39歳)

出身:山口県山口市

西村和彦さんとは2006年に入籍されて、2人の子供がいました。

一昨年離婚されたということは結婚生活10年で幕を閉じたということですね。

2012年からアメリカを拠点にされている時点でもう実質夫婦の仲は終わってしまっていたのかもしれません。

また國重友美さんといえば、英語漢字を組み合わせた「英漢字」というものを考えたというのも有名ですよね。

西村和彦のプロフィール

生年月日:1966年8月21日(51歳)

出身:京都府京都市

身長:175cm

体重:60kg

血液型:O型

所属:ソニー・ミュージックアーティスツ

西村和彦さんといえば、誰もが知るイケメン演技派俳優ですよね。

2時間ドラマから昼ドラから深夜ドラマから本当に色んなところで見かける俳優さんですよね。

特にちょっとおかしい人というか狂ったような演技をさせると本当に見ているこちらが引くぐらいすごい演技をしますよね。

すごく奥さんにメロメロだった印象が強いので、今回の離婚は悲しいですね。

西村さんは1996年に一度結婚されていて、2005年に離婚されているのでこれでバツ2ということになりますね。

現在51歳でこのイケメン爽やかぶりは反則でしょう(笑)

スポンサードリンク

離婚の原因は理由は鬼嫁?

一番の原因は2012年から國重友美さんがアメリカに拠点を置いたことだと考えられています。

一昨年の冬に離婚していたということなので、離婚するまでの5年間は結婚して子供もいるにも関わらず、相当離れ離れだったということですね。

確かに俳優業をしながら、妻はアメリカにいて子供2人の面倒を見るというのは相当大変だっただろうなと思いますね。

また、國重友美さんと言えば、相当な鬼嫁というのがよく知られていますが、今回の離婚の原因は鬼嫁だからではなないと思いますね。

西村和彦さんはテレビでもよく映っていましたが、悪く言えば妻に使われるぐらいの方が幸せを感じるタイプの男性だと思いますから、むしろもっともっと尽くしたかったのではないでしょうか。

にもかかわらず奥さんが長年アメリカを拠点にするというのは耐えられなかったのかもしれませんね。

子供の親権は?

現在9歳の長男8歳の長女がいらっしゃるみたいですが、親権はおわかりの通り西村さんが持たれるようです。

國重さんが持つというのはまずないだろうなと思いましたが、やっぱりそうでしたね。

國重さんはアーティスト仕事人間だと思いますし、見ていてそう感じます。

ですから、なかなか家の中にいて母親をするっていうのはこの人の生き方の中で無理だったのではないでしょうか。

スポンサードリンク

まとめ

それにしても年末は結婚、離婚の話題が本当にもりだくさんですね!

年末に発表すると、色んなイベントごとがあってみんなあんまり突かれないからこの時期に結婚も離婚も発表するというのを聞いたことがありますが、ただそれにしても多い。

明日明後日でさらに結婚、離婚のニュースが出そうなそんな気がしてなりません。

今回の國重友美と西村和彦の離婚を見て思うのは、2人はどうでもいいですが、2人の子供が幸せになって欲しいとすごく思いますね。

両親の都合で結婚して、生まれてきて、離婚されて、子供には何の罪もないですからね。

西村和彦さんが親権を持たれるということですが、お二人を幸せな大人になるように育てていって欲しいと強く思いますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク