韓国ドラマ「この人生は初めてなので」は「逃げ恥」パクリ?盗作?出演者や内容は

韓国で日本の大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」をパクったのではないか?と盗作を疑われているドラマがあります。

そのドラマは「この人生は初めてなので」というドラマ。

タイトルは全く違う二つのドラマですが、内容が酷似していて、「盗作」では?との議論が巻き上がっているようです。

スポンサードリンク

ドラマ「この人生は初めてなので」とは

脚本は過去にも盗作の疑いをかけられたことのある、ユン・ナンジュン氏です。

出演者はIT企業に勤める草食系男子ナム・セフィ(イ・ミンギ)が「家なし職なし」の文系女子をユン・ジホ(チョン・ソミン)契約結婚をするという話です。

たたた確かに内容似てるぞ。。。。

パクリ?盗作なのか?

確かにこれは盗作を疑われてもおかしくない内容です。

他にもいくつか酷似している点はあって、2人がバスの中で結婚についての話をするシーンや、会社の同僚や友人など周りの人に偽装結婚を疑われたりする場面もあります。

韓国でも「逃げ恥」は人気だっただけに、視聴者もかなり敏感なんだと思いますね。

1年前に日本で放送されていた「逃げ恥」ですが、韓国のケーブルテレビ局『チャンネルW』で日本の放送おと1週間遅れというスゴイ短い時間差で放送されていました。

中には字幕無しで放送されたことすらあったようです。

そんな韓国国民にも「逃げ恥」の内容がしっかりインプットされている状態なので、確かにこの内容を見れば、「盗作」「パクリ」と思われても仕方ないのかもしれませんね。

もちろん現時点で制作関係者は盗作を否定しています。

ただ意識はしなくても、作品が好きだったり感化されると無意識に影響されちゃうってことってありますよね。

スポンサードリンク

まとめ

韓国や中国は日本のものを真似するというのは、別に今に始まったことではないですが、裏を返せばそれだけ日本のものっていうのはドラマにしても食事にしても素晴らしいということですよね。

実際に技術はどこにも負けなかった日本がテレビやスマホでも海外勢に勝てなくなってきています。

時間をかけてスゴイものを作るよりも、今あるものに何かを加えたりすることでさらにいいものにするという力が日本以外の国の方があるのかもしれません。

まあ、今回の盗作疑惑の韓国ドラマ「この人生は初めてなので」が「逃げ恥」のパクリなのかどうかも正直どうでもいいですね(笑)

ってかそのまま韓国版としてリメイクすればよかったんじゃないのか?とすら思ってしまいますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする