細かすぎて伝わらないモノマネ芸人のギャラやブレイクは誰?歴代優勝者やゲストは?

2018年の3月を持って、「とんねるずのみなさんのおかげでした」が終了しますね。

1997年6月26日からフジテレビで放送が始まり、20年以上も続いてきた超人気おばけ番組ですね!


引用元:http://www.huffingtonpost.jp/2017/12/21/komakasugite-tsutawaranai_a_23313704/

shunpiはこの中のコーナーの「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」がとにかく大好きでした。

「食わず嫌い王決定戦」などは中高生の時は好きな女優さんやモデルが出たら見ていましたが、もう10年以上ぐらい見ていません。

しかし、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」だけは欠かさず見ています。

見れなかった時はyoutubeでひたすら探してでも見ます。

そんな大好きだったコーナーも本日12月21日(木)に放送される、「とんねるずのみなさのおかげでした歳末爆笑2時間半スペシャル」での放送で最後になります。

「細かすぎて伝わらないモノマネファイナルで歴代優勝者&常連&新人大集結見納めSP」ということで、ファンには絶対に見逃せない内容となっています。

そんな「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で、shunpiの気になることを書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

出演している芸人のギャラは?

このコーナーは芸人に限らず素人も出場するという、かなり珍しい体系のコーナーになっています。

1回の芸の時間は短くて数十秒、長くても数分だと思いますが、出演している芸人たちはいったい、いくらのギャラをもらっているのでしょうか?

すいません、調べまくったんですがさすがにギャラは公開されていませんでした。

ただ、極めて売れていなくてモノマネが面白い人達なので、かなりギャラは安いとは思いますね。

ただ、この場所に出られるだけで、正直芸人としては登竜門的な場所だと思うので、shunpiが出るならノーギャラでも全然出ますね(笑)

スポンサードリンク

ここからブレイクした芸人は?

最近のモノマネを見ていると、有名人を上手く真似するだけの時代ではなくなりましたよね。

例えば有名人をやるにも、面白くパロディー的なモノマネをする人が人気が出る傾向にある気がします。

コロッケさんなんかはまさにそうですね。

そんな今までのモノマネの常識を打ち破ったのが、この「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」という企画だと思います。

「よくそんなモノマネやろうと思ったな!」みたいなモノマネで、見事活躍して、そしてブレイクして華やか人生を手に入れた芸人たちを見ていきたいと思います。

■河本準一(次長課長)

■博多華丸(博多華丸・大吉)

■山本高広

■キンタロー。

■横澤夏子

博多華丸なんて、もうめっちゃくちゃ売れましたよね?

その後、最近では大吉もめちゃくちゃ売れていますし、華丸は完全にこの番組で自分の能力が世間に認められたって感じですよね。

この番組で見るから、面白い!って感じのネタが多いですよね。

ソフトバンクの王会長のネタとか最高でツボです(笑)

スポンサードリンク

歴代優勝者は?

第1回

コージー富田

第2回

福島善成(ガリットチュウ)

第3回

佐藤大(ジャムトランプ)

第4回

やす(ずん)

第5回

アントニオ小猪木

第6回

博多華丸(博多華丸・大吉)

第7回

博多華丸(博多華丸・大吉)

第8回

360°モンキーズ

第9回

牧田知丈(素人)

第10回

末吉くん

第11回

阿部浩貴

第12回

竹岡和範

第13回

ウクレレえいじ

第14回

松雪オラキオ

第15回

アナログタロウ

第16回

松岡智子、柴田由美子

第17回

古賀シュウ

第18回

キンタロー。

第19回

みょーちゃん劇団

第20回

オラキオ体操クラブ

第21回

ゆんぼだんぷ

第22回

阿佐ヶ谷姉妹

直近の放送は阿佐ヶ谷姉妹だったとは知りませんでした!

確かにバラエティー最近よく出てますね。

振り返ってみると、優勝者が必ずしも売れているというわけではないというのがわかりますね。

っていうか優勝者で売れてる!って言える人ってほとんどいませんよね。

正直優勝者で今もテレビにたくさん出ているのって、「博多華丸」だけじゃないですか?

それもある意味すごいですよね。

M-1やR-1、キングオブコントで優勝すると、必ず売れるぐらいの勲章がてにはいりますが、そうじゃないところが、またこの「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」の面白い部分な気もしますね。

この番組でもスポットライトを浴びても売れるわけではないという芸能界の厳しさも感じますね。

最近のお笑い芸人は芸だけじゃなくて、トーク番組で面白い話ができるか、狩野英孝みたいに弄られまくるか、どちらかでしか生き残れないですからね。

スポンサードリンク

歴代のゲストは?

モノマネをする芸人と一部素人さんに注目が集まる中、ゲストも結構重要ですよね。

そこで歴代のゲストを調べてみました。

■優香 第8回と第12回


引用元:http://www.horipro.co.jp/yuka/

■古田新太(細かすぎても伝わるたーふるロボ 古田くん)第20回、21回、第3回紅白、ファイナル


引用元:http://www.cubeinc.co.jp/members/prf/002.html

■本田翼 第3回紅白、ファイナル


引用元:http://www.stardust.co.jp/section1/profile/hondatsubasa.html

スポンサードリンク

まとめ

本当に終わってしまうと思うと、何だか切なくなりますね。

長く続いたものが終わるタイミングって本当に特別な瞬間ですよね。

視聴率至上主義のテレビ業界ではめちゃイケもそうですが、打ち切らざるを得ない業界の都合があるので、これは仕方ないですね。

今は録画や動画サイトで映像を見る時代なのに、未だに視聴率とか言ってるの?と正直思いますが、こればっかりはテレビ局の考え方や体質があるので、仕方ないことですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク