映画「君の名は。」が地上波初放送!視聴率や続編や実写化の可能性は?

2016年度大ヒット作映画の「君の名は。」が遂に2018年1月3日21:00〜放送されました。

もはや説明不要ではありますが、2016年8月26日から放送された新海誠監督大ヒットアニメ映画ですね。

作中に出てくる音楽は全てRADWIMPSが担当し、メインテーマソングの「前前前世」は映画とともに大ヒットして、今やカラオケでも定番の音楽になっています。

観客動員数1900万人を突破して、興行収入も100億円を突破して、日本以外の国でも上映された本当に日本を代表するアニメ映画ですが、本日1月3日の地上波初放送視聴率続編実写化の可能性について気になったので、調べてみました。

スポンサードリンク

「君の名は。」の視聴率は?

さて遂に遂に地上波初放送となった「君の名は。」の放送ですが、一体視聴率は何%を記録するでしょうか?

1月3日の放送ということで、カレンダー通りの仕事の人でもあれば、休みの日ですし、仕事だった人も21:00からであれば見れる人は非常に多いと思います。

ちなみに参考までに過去の金曜ロードショーアニメ映画の視聴率を調べてみると、

■2003年1月24日放送 『千と千尋の神隠し』

視聴率 46.9%

■1999年1月22日放送 『もののけ姫』

視聴率 35.1%

■2006年7月21日放送 『ハウルの動く城』

視聴率 32.9%

■2010年2月5日放送 『崖の上のポニョ』

視聴率 29.8%

■1994年7月29日放送 『ルパン三世・燃えよ斬鉄剣』

視聴率 24.9%

というデータがありました。

千と千尋の神隠しの46.9%という驚異的な数字を超えることは、正直今のテレビ離れの人が多い世の中では極めて難しいと思ってはいますが、30%強〜40%はいくのではないかと予測しています!

というか予測プラス、「君の名は。」ファンとしてとても期待しています。

視聴率が正式にわかるまではまだ少し時間がかかりますが、最新の情報が確認出来次第、追記していきますので、ぜひご確認ください。

※2017年1月4日(木)追記

平均視聴率17.4%だったことがわかりました!

2017年3月4日に放送された「アナと雪の女王」19.7%、11月12日に放送された「シン・ゴジラ」15.2%だったので、アナ雪には敵いませんでしたが、シン・ゴジラは超える結果となりました!

続編の可能性は?

さて、大ヒット作品が必ずその後行うことと言えば、そうです続編ですよね。

新ゴジラも続編が決定していましたし、「君の名は。」もしかしたら続編はないのか?とちょっと期待してしまいますよね。

皆さんご存知の通り、あのように最後に遂に2人が出会ってエンディングを向かえたわけですが、続編がもしあるとしたら、2人がお付き合いをして結婚して、そして子供ができて、また色んな入れ替わりが起きるというようなストーリーでしょうか?

ネット上では三葉瀧くんその後を描いた漫画が公開されていたりしていますが、あくまで公式的なものではありません。

続編を期待する気持もありながら、でもこの1作のみで終わりっていうのも素敵だなとも思いますね。

スポンサードリンク

実写化の可能性は?

さてさて勝手に実写の話をしてしまうと、深海監督に怒られそうですが、可能性としては今後ありえるのでしょうか?

と思っていたらまさかの実写化の話があるではないですか!!

ちょっとこれは驚きました!

2017年9月28日に東宝より実写化の話が発表されました。

そして日本ではなくアメリカです!そうですハリウッドです!

バッド・ロボットという制作会社が実写映画化権を獲得したということです!

「実写映画化権」なんていう権利があるんですね。

深海監督は、

「『君の名は。』は、日本に暮らす僕たちのローカルな想像力、ドメスティックな技術で組み立てた映画です。そういう作品がハリウッドと交わることで、もしかしたら新しい可能性のようなものを見せてもらえるのかもしれない──そんな期待をしながら、完成を楽しみに待っています」

というコメントをシネマトゥデイでされています。

現在まだキャストや公開日の情報はありませんが、「君の名は。」ファンのshunpiとしては日本でも公開はされるでしょうから、期待はしていませんが見てみたいとは思いますね。

まとめ

「君のは。」の地上波初登場の視聴率や続編や実写化の可能性について調べてきました。

視聴率が正式に発表されるのが非常に楽しみですが、shunpi的予想では37〜8%から40%ぐらいを予想、期待しています。

続編の可能性は今のところはなさそうですが、実写化は既にハリウッドで決まっているというのは知らなかったので、非常に驚きましたね。

日本のアニメのあの感じをアメリカの俳優たちがどのように表現するのかというのは期待はあまりしていませんが、興味はあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク