希望の虹プロジェクトのはがきの到着日と乳がん検診費用は?

テレビ

NHKの「ガッテン!」で「86万人の自宅に届く!乳がんで死なないための切り札をあなたへ」という内容が2018年9月5日(水)19:30〜20:15に放送されます。

この希望の虹プロジェクトのはがきの到着日と乳がん検診費用について調べてみました。

スポンサーリンク

希望の虹プロジェクトとは

44都道府県約360市区町村と協働し、各自治体の乳がん検診助成対象住民約86万人へ検診受診の個別通知(圧着はがき)が送付されます。

これによって、今まで未受信だった女性の検診を勧誘するのが目的です。

国立がん研究センターでは受診率50%という目標を定めているため、今回の取り組みでどこまで伸ばせるかというのは非常に興味深いですね。

ただし、はがきがない人は検診ができなかったり、助成がないというわけではなく、あくまで希望の虹プロジェクトは40代以上の助成の受診率を伸ばすことが目的です。

はがきの到着日は?

希望の虹プロジェクトによる、はがきの送付は2018年9月初旬ですので、早い人でもう手元に届き始めていると思います。

1人でも多くの方がこのはがきをきかっけに、乳がんの検診を受けてもらいたいですね。

乳がん検診費用は?

費用に関しては各市町村によって異なります。

自己負担額は最大で3,000円ぐらいなので、決して高い費用ではありません。

全額負担の場合はマンモグラフィ検診が5,000円前後、エコーが3,500円前後、両方受信した場合で10,000円前後になります。

スポンサーリンク

まとめ

最近では「ちびまる子ちゃん」の作者、さくらももこさんが乳がんで亡くなりました。

本当に助成が乳がんになる可能性はものすごく高いことを痛感します。

早期発見がとにかく重要で、ガンの中では唯一セルフチェックで発見することもできます。

「ガッテン!」の放送と希望の虹プロジェクトの効果で1人でも多くの女性が乳がんから守られることを切に願います。

スポンサーリンク

 

コメント