オードリーの春日の過去の挑戦と成績やメダルまとめ【炎の体育会TV】

オードリーの春日またまたすごいことしちゃいましたね!

先月行われた、全日本エアロビクスコンテストの男子シングル部門でまさかの銅メダルを獲得しました!

練習期間は僅か1ヶ月!

週4で練習していたと言うので、さすがのストイックさですよね。

12月16日放送の「炎の体育会TV」でその詳細が放送されるようです。

そんな今やスーパーアスリート芸人のオードリー春日の過去の挑戦や成績、メダルについて調べてみました。

スポンサードリンク

フィンスイミング

フィンスイミングというのは、足に「ひれ」を装着してプールを泳ぐスピードを競う競技です。

同じ芸人のじゅんいちダビットソンと他日本代表の方2名と日本代表として大会に参加しました。

元K-1選手の魔娑斗は惜しくも出場できませんでしたが、春日とはこの企画でかなり仲良くなっていたようで、会場には応援に駆けつけていましたね。

2016年の6月にチェコのプラハで開催されたワールドカップマスターズ大会で、見事銀メダルを獲得しています!

マイナーな競技とはいえ、世界で「銀メダル」はもはやわらえないぐらいすごいことです。

ボディービル

東京オープンボディビル選手権大会の75キロ級に過去に3度出場していて、2015年に「5位入賞」を果たしています。

元々オードリーの2人はアメフトをやっていたとはいえ、始める前の体はただのアラフォーのオッサンの体でした。

そこからここまで絞って筋肉つけるっていうのは、芸人という仕事をしながら本当にストイックですごいなと思いますね。

なかやまきんに君と出場していたのは面白かったですね!

レスリング

2017年1月に行われた30歳~45歳の部76kg級の試合にレスリング歴7ヶ月で出場しました。

試合が迫った日の練習では首を痛めて救急車で運ばれるシーンが番組で放送された当日の出場が困難なのではないか?と言われている中で出場されました。

しかし相手は優勝候補でまさかの初戦敗退でした。

まあまさかのというか当たり前の結果ですね。

何より初めてされる種目に挑戦する姿は本当に素晴らしいと思いますね。

ジャングルポケットの太田博久!レスリングの日本代表に!?嫁はモデルで超美人!?

スポンサードリンク

まとめ

現在38歳の春日ですが、正直すごいと思うし、尊敬します。

歳をとると、みんな守りに入ってチャレンジしなくってやってもないのに無理とい言い出します。

人はなくなる直前にチャレンジしなかったことを後悔すると聞きますが、僕も春日に負けないぐらい新しいことに失敗を恐れずチャレンジしたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク