掛布雅之、阪神二軍監督が退任の原因と後任は?ロッテ新監督の可能性

阪神の二軍監督の掛布雅之さん

今季限りで退任されるそうです。


引用元:http://hanshintigers.jp/data/staff/2017/31.html

今、金本阪神が徐々に育ってきていますが、

その大きな理由は若手の台頭だと思います。

その若手の台頭に非常に影響を与えたのが

掛布雅之さんだと筆者は思っています。

まさかここまで技術面精神面

しっかり指導できる人だとは知りませんでした。

筆者は阪神ファンではないですが、ファンからしても

この掛布監督の退任は衝撃で、辛いと思います。

スポンサードリンク

掛布監督の退任の理由は?

2013年の10月から

GM付育成&打撃コーディネーターとして

25年ぶりに阪神へ復帰した掛布監督ですが、

ずっと指導者にならないのは何故?と思っていました。

阪神に復帰して約4年が終わる掛布監督ですが、

退任される理由はいったいなんなのでしょうか?

明確な理由がはっきりとはしていませんが、

ささやかれている噂がいくつかあります。

まず一つ目は、

金本監督との不仲説です。

いかにもマスコミが好きそうなネタですね。

掛布監督が育てた選手が次々と金本監督率いる

阪神の一軍で活躍しています。

お互いいい関係で確執なんてあるとは思えません。

そして2つ目は、

来シーズンどこかの新監督になるのでは?

ということです。

阪神の二軍選手の成長ぶりは他球団から見ても

伝わるほど素晴らしいものでした。

そんな掛布監督の手腕を欲しがっている

そんな球団があるのかもしれません。

日テレで江川卓といつも解説していた

掛布監督ですが、

なぜ二人とも監督やコーチにならないのか?って疑問に思ってました。

しかし、いざなった阪神の掛布監督は

予想を超えるすごい指導力でした。

さすがはミスタータイガース

感じさせてくれる人物でした。

掛布監督の後任は誰?

さて、掛布監督の退任後の動きも気になりますが、

掛布監督の後任の監督も気になるところですね。

今、最も有力視されているのが、打撃、守備総合コーチの

今岡コーチの昇格での監督就任です。

あの今岡がもう監督の話が出るななんて、、、

筆者が若い時は今岡がセカンドやサードにいて

5番ぐらいを打っていて、勝負強い選手でした。

打点王を獲得したこともありました。

奥さんはネイルの仕事をしていた

美人な女性だった印象です。

ミスタータイガースの掛布の後任というのは

かなりプレッシャーはあると思いますね。

ただ今岡コーチにとってはものすごいチャンス到来ですね。

もし昇格して就任したら、ぜひ頑張って欲しいですね!

スポンサードリンク

ロッテ新監督の可能性は?

野球に詳しい人ならピンとくると思います。

なぜ掛布が現役時代にプレーもしていない

千葉ロッテの監督候補?と思う人も多いのではないでしょうか。

確かに現役時代に全く関係のないロッテですが、

ドラフト3位で阪神へ入団した掛布監督ですが、

高校時代は千葉県の名門、習志野高校の野球部でした。

生まれは新潟県の掛布監督ですが、1歳から千葉で暮らしています。

そしてプロに入るまでを千葉で過ごしたわけですね。

つまり千葉県にはかなりゆかりがあると言えます。

千葉ロッテは伊東監督が成績不振で

今季限りの退任が決定しています。

10月ぐらいには候補を絞り込むと言われていましたが、

もしかしたら阪神の二軍で手腕を発揮した掛布氏を

候補に上げている、もしくは決まったのかもしれません。

しかし千葉県出身ですが、阪神色が強すぎて、

正直、千葉県というイメージはありません。

とはいえ、千葉県の人からすれば、千葉県の

超有名な野球選手で、今は監督です。

強い千葉ロッテの復活にもしかすれば

掛布監督に白羽の矢が立ったのかもしれません。

スポンサードリンク

まとめ

阪神の若手を育て一軍で活躍している選手も

非常に増えてきた中で、このタイミングでの

掛布監督の退任は虎ファンもかなりの

衝撃だったに違いありません。

この理由がこれからさらに明確になってくると思います。

阪神ファン、ロッテファンだけじゃなくて、

野球ファンの人は目が離せないですね。

とはいえ阪神の二軍監督でかなり指導者としての

技術的な部分、精神的な部分の能力が高いことが

わかった掛布雅之さんですので、

これからロッテにいくかどうかは別として

指導者としての道は続いていきそうですね!

阪神の監督、WBC日本代表の監督なんて話も

もしかしたらあるかもしれません!

掛布さん、野球ファンとして応援しています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする