池坊議長が貴乃花親方の理事解任発表!経歴は公明党の政治家?華道の実力は?

本日2018年の1月4日、元横綱日馬富士貴乃花部屋貴ノ岩に暴行を加えた事件で、貴乃花親方理事解任が正式に決まりました!

2階級降格で、役員待遇委員という役職になります。

この役職は今回の暴行事件の当事者、元横綱日馬富士師匠伊勢ケ浜親方と同じ処分になります。

ネット上では加害者の親方被害者の親方の処分が全く同じって、いったいどういう処分方法なんだ?

この業界は本当に古くて腐ってるんじゃないのか?などと声がどんどん出てきています。

shunpiもこの一連の報道や相撲協会の発言や動きを見ていると、とにかく頭が悪そうで、この人達本当に大丈夫か?って思ってしまいます。

その中でも「池坊議長」の存在感というのをかなり感じますね。

この人が全て相撲協会を裏でコントロールしようとしているようなそんな雰囲気さえ感じてします。

いい意味ではないオーラがあります。

そんな池坊議長の経歴について調べてみました。

スポンサードリンク

池坊泰子議長のプロフィール

生年月日:1942年4月18日(75歳)

出身:東京都

出身校:学習院女子高等科

出身大学:学習院大学文学部中退

配偶者:池坊専永

経歴を見ているとかなり色んな経歴を持たれています。

「華道家」、「元政治家」、「特定非営利活動法人萌木理事長」、そして、「公益財団法人日本相撲協会評議員会議長」「学校法人いわき明星大学理事」特定非営利活動法人日本伝統文化協会名誉顧問」という、まあこれだけ相撲協会でも力を持っている理由がなんとなく頷けますね。

公明党の政治家だった?

これは調べるまで本当に知りませんでしたが、政治家をされていた時期もあったんですね。

1996年の第41回衆議院議員総選挙に比例近畿ブロックで新進党に初当選をしています。

その後新党平和(現:公明党)に所属をし、1998年の公明党再結成にも参画をされています。

当時は非常に珍しく創価学会員ではない唯一の議員だったということです。

この情報をご覧いただいた方はピンとくるかもしれませんが、政治の世界に精通していたというのは、池防議長がこの権力を手に入れた大きな理由のひとつであることは間違いないでしょうね。

そして、公明党は現在の政権与党ですから、この問題を早く終わらせたいし、政治家を介入させたくないというのも本人の中にはあるのかもしれません。

スポンサードリンク

華道の実力は?

経歴に華道家とあるので、どれ程の実力なのかが気になったので調べてみました。

本人の名前「池坊泰子」で検索すると、こちらのサイトが出てきます。

いけばなの根源 華道家元池坊の公式ホームページ

旦那様が華道会では相当有名な方のようで、詳しくは書いていませんが、その関係もあって本人も華道を始められたのかもしれませんね。

旦那様は池坊専永というお名前で京都府出身の華道家です。

サイトの掲載されていたギャラリーを見てみましたが、全く知識はありませんが、とても美しい生け花が載っていました。


出典:http://www.ikenobo.jp/ikebanaikenobo/gallery/


出典:http://www.ikenobo.jp/ikebanaikenobo/gallery/


出典:http://www.ikenobo.jp/ikebanaikenobo/gallery/

もう75歳と高齢ですし、議長は次の人にバトンを渡して、ゆっくり華道を楽しまれたらいかがでしょうか。

まだまだ相撲協会に居座るのかと思ったらゾッとしますね。

まとめ

貴乃花親方の理事解任を正式に発表された、池坊泰子議長について経歴を中心に調べてきました。

彼女の権力というのか力の源がどこにあるのかなんとなくわかった気がします。

八角理事長の方がもちろん役職は上ですが、この人がズバッと言っちゃうと誰も文句言えないのではないでしょうか?

shunpだったら、恐らく言えませんね(笑)

だって見るからに顔も声も怖すぎますもん!

今回の2階級降格でこの事件を終わらせようとしているのをすごく感じますが、この事件で相撲界はまだまだ古い化石の文化が力士にも相撲協会にも残っている、残りまくっていることが世間に明るみになったのはよかったと思います。

そして白鳳をはじめとするモンゴル力士がかなり力を持ってきている。

力というのは相撲の力ではなくて、発言権や態度ということです。

何か新たなことが起こるときっていうのは貴乃花親方のような一人でも闘う革命を起こす人が昔も今も必ず現れます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク