故星野仙一は厳しくて怖いが優しい愛され監督!教え子たちの今現在は?

昨日、2018年1月6日は日本プロ野球会で非常に残念で悲しいニュースが入ってきました。

現役時代は中日ドラゴンズで魂のエースとして活躍され、打倒巨人を誰よりも強く思い、それが自分のモチベーションだと本人も言われていました。

珍プレー好プレーで必ず映るあのレフトフライヘディング事件。

1981年(昭和56年)8月26日に後楽園球場で行われたジャイアンツとの試合でそれは起こりました。

レフトフライに抑えたと思ったらレフトの宇野選手が頭に直撃するエラーをして、グローブをマウンドに叩きつけたのは野球好きなら世代を問わず知っていると思います。

今でこそ星野さんも宇野さんも笑い話になっていて、以前バラエティーで共演されて2人で笑いながら話していたのを覚えています。

スポンサードリンク

厳しくて怖いが優しい愛され監督

星野監督と言えば、選手が気に食わないプレーをしたら、ベンチの椅子を蹴り飛ばしたり、もう表情は鬼のような顔になったり、非常に気持が全面に出るタイプの監督でした。

中日の時のキャッチャーの中村捕手なんかはよく説教されていたのを覚えています。

しかし、選手や仲のいい芸能人たちからは、そのイメージと中身は全く違うというのをよく耳にしましたし、昨日の他界されたことがわかってから色んな人のメッセージが発表されましたが、みんな星野さんの優しさ、そして男気を口にする人が多かったですね。

今の時代は指導するにも厳しくするだけでは、ダメな時代になってきたので、星野さんのやり方は現代では難しいかもしれませんが、厳しい中に愛情があるっていうのをとにかく感じる指導の仕方だったと思いますね。

星野監督と言えば、選手が気に食わないプレーをしたら、ベンチの椅子を蹴り飛ばしたり、もう表情は鬼のような顔になったり、非常に気持が全面に出るタイプの監督でした。

中日の時のキャッチャーの中村捕手なんかはよく説教されていたのを覚えています。

しかし、選手や仲のいい芸能人たちからは、そのイメージと中身は全く違うというのをよく耳にしましたし、昨日の他界されたことがわかってから色んな人のメッセージが発表されましたが、みんな星野さんの優しさ、そして男気を口にする人が多かったですね。

今の時代は指導するにも厳しくするだけでは、ダメな時代になってきたので、星野さんのやり方は現代では難しいかもしれませんが、厳しい中に愛情があるっていうのをとにかく感じる指導の仕方だったと思いますね。

教え子たちの現在は?

中日、阪神、楽天と3チームで監督をして、なんと全てのチームで日本一になった経験を持つ星野さんは本当に偉大な監督でした。

1987年〜1991年までが中日ドラゴンズの監督、

1996年〜2001年までが中日ドラゴンズの監督2回目、

2002年〜2003年までが阪神タイガースの監督、

2011年〜2014年までが楽天ゴールデンイーグルスの監督

という、むしろ現役時代よりも監督時代のイメージの方が強いぐらいの人だったと思います。

これだけ監督しているので、教え子は相当たくさんいますね。

その中でも特にイメージとして強いのは現在、ニューヨークヤンキースのエースの田中将大こと、マー君ですね。

駒大苫小牧から楽天に入って、野村監督に基礎を叩き込まれたあと、星野さんに鍛えられて完全に開花しました。

もう本当に最高の師弟関係だと思います。

スポンサードリンク

まとめ

2018年1月4日にすい臓がんで他界されたことがわかった星野仙一さんが亡くなったことがわかり、非常に昨日は悲しくて寂しくて残念な1日でした。

世の中の野球好きなら、どこのチームファンかは関係なく星野さんの魅力にはみんな虜だったと思います。

現役時代、監督時代を含めて思うのは星野さんというのは負けず嫌いで、男気があって、弱音を吐かず、器が大きく、そしてそんな中でも優しさがあるのがこの星野仙一さんでしたね。

でもそんな星野さんも癌に勝てなかったのかと思うと悔しいですね。

いち野球ファンとして、心よりご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク