広島カープ、阪神タイガースに2試合連続逆転負け!敗因の原因は?


引用元:https://full-count.jp/2017/05/06/post67637/

広島カープが2試合連続

阪神に破れました。

阪神が衝撃の9点差大逆転勝利で首位奪取!

金本阪神が着実に力を

つけてきけていることは

間違いないですね。

高山、北条、原口、糸原

本当にいい選手に

なってきています。

さすが金本監督です。

一方で広島カープが

ずっと首位だったとはいえ

ここ2試合嫌な負け方を

してしまいました。

9-0からの逆転負け

選手、首脳陣のショックも

かなり大きいと思います。

明日は意地でも勝ってもらいたいです。

広島の負け方の原因

もう誰が見ても明確です。

そうです。

投手陣先発中継ぎ

全然ダメです。

そして四球も多い。

では、何故こうなってしまったのか

詳しく原因を見ていきましょう。

スポンサードリンク

広島カープ投手陣崩壊の理由

これはずばり黒田が抜けたことでしょう。

一昨年前田健太がメジャーに行き

先発ローテンションから

いなくなったのももちろん

ものすごく痛かったです。

が、昨年のカープには

黒田がいました。

日本球界を代表する

ものすごいピッチャーでした。

技術はもちろんですが、

黒田が精神的な部分でも

チームを支えていたことは

言うまでもありません。

さらに黒田は発言して

リーダーシップを発揮する

タイプの選手ではありません。

その立ち姿、投げ姿、表情

黒田の一挙手一投足

若手は勇気づけられ、

引っ張られて、

時には実力以上のものが

出ていました。

しかし、今年は黒田が

引退したからいません。

打者では新井貴浩という

絶対的な支柱があります。

投手人も技術的には

若手も多いし、

それほど他球団と劣るところも

ありません。

しかし、ベテランの経験豊富

投手が今のカープにはいません。

緒方監督を含む首脳陣も

投手陣に関しては

かなり黒田の力を

借りていたとおもいます。

今、その投手陣の支柱であった

黒田がいない中、

どのように投手陣を

立て直すのか。

これは緒方監督畝コーチ

そして投手陣たちみなんで

力を合わせて、立て直して

いかなくてはいけません。

投手陣が安定すれば

2年連続優勝の可能性は

極めて高いと思います。

それだけの実力を今年の

カープも持っています。

投手陣の再建に期待しながら、

引き続き、ペナントを楽しみたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする