箱根駅伝の関東学生連合って何?選考方法やメンバーが気になる!【2018】

shunpiです!

皆さん新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします!

さて元日が終わって1月2日、3日と言えば、第94回の箱根駅伝ですね!

昔はそんなに見なかったですが、妻や妻の家族が好きなので、ここ数年はどちらかの実家でこたつに入って食事をしながらお酒を飲みながら箱根駅伝を見るのが定番になりました。

青山学園の4連覇は?新たな山の神が現れるのか?など色んな注目ポイントはありますが、shunpiはふと気になることがありました。

いつも見ていると出てくるこの言葉「関東学生連合」って言葉です。

ざっくりとはわかります。

関東の大学の中から往路5人、復路5人が選べれて大会に出ているということだと思うのですが、その選考方法やメンバーが気になったのでしれべてみました!

スポンサードリンク

関東学生連合の選考方法は?

毎回見ていて気になる「関東学生連合」ですが、その選考方法は一体どのようなものなのでしょうか?

かなり気になったので調べてみました。

まず大前提として、毎年10月に行われている箱根駅伝の選考の大会で出場権を得ることができなかった大学の中から選ばれます。

この予選大会での成績が優秀な選手の中から10人が選ばれるわけですが、本戦出場が2回を超える人は出れないというルールがあります。

しかし今大会の第94回より新たなルールが追加されました。

大学、連合を問わず本戦出場経験がゼロであることというルールが追加されました。

関東学生連合のメンバーは?

まずは往路から見てみましょう!

【往路】

1区 近藤秀一(東京大学 3年生)

2区 長谷川柊(専修大学 2年生)

3区 田部幹也(桜美林大学 3年生)

4区 中島大就(明治大学 2年生)

5区 相馬崇史(筑波大学 1年生)

【復路】

6区 田﨑聖良(亜細亜大学 2年生)

7区 金子鷹(東京農業大学 3年生)

8区 根岸祐太(慶應義塾大学 3年生)

9区 溜池勇太(日本薬科大学 2年生)

10区 阿部涼(日本大学 2年生)

こう見てみると、めったに聞く事のないような日本薬科大学や、駅伝のイメージが全くない慶應義塾大学など色んな大学から10人がセンバツされているというのがよくわかりますね。

みんなそれぞれのチームではエース級ではあっても、駅伝は10人全員が力を合わせないといけないので、1人だけでは本線出場は難しいということなんでしょうね。

スポンサードリンク

まとめ

今回の記事では毎回あまり中継中には目立つことのない関東学生連合について、調べてみました。

今まではふわっとした理解で箱根駅伝の往路。復路の中継を見てきましたが、今回の記事を機に完全に関東学生連合に注目して見てみようと思いましたね。

やっぱり何でも知るのと知らないのでは興味の度合いが全く変わってくるなって改めて思いました。

もちろん大注目は青山学院大学の4連覇、そしてそれを阻止する大学はどこか?

さらには往路の5区で新たな山の神が現れるのかどうか、ここに注目が集まるのでは間違いないですが、この記事を読んでくれた皆さんはぜひ2018年の第94回関東学生連合に少しだけでいいので注目して中継を見てみませんか?

さあ明日は早起きして日テレに注目です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク