銀木犀(ぎんもくせい)の口コミや評判は?費用や食事もチェック!

ビジネス

こんにちはshunpiです。

サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀」について書いていきたいと思います。

 


出典元:銀木犀鎌ヶ谷HP

 

入居率98%、見学をしたら誰もが住みたくなると言われる程今注目のサービス付き高齢者向け住宅です。

 

今日は6月14日(木)22:00〜22:54放送の「カンブリア宮殿」でも取り上げられます。

 

そんな「銀木犀」口コミ評判、そして皆さん気になる費用、そして生活する上で最も大切な食事についても調べてみました。

[ad#1]

サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀」とは


出典元:銀木犀鎌ヶ谷HP

 

さて本題に入る前に、皆さんは「サービス付き高齢者向け住宅」ってなんのことかわかりますか?

 

高齢者の方が利用される施設というのは実にたくさんありますよね。

・特別養護老人ホーム

・有料老人ホーム

・グループホーム

・ショートステイ

・デイサービス

など

 

ここでは一つ一つの説明はこのブログでは省きます。

 

さてそんな中、「サービス付き高齢者向け住宅」とは、以下のような施設になります。

サービス付き高齢者向け住宅は民間事業者などによって運営される介護施設で、「サ高住」「サ付き」などと略されることもあります。公的な介護施設(特別養護老人ホーム他)への入居待ち問題が深刻な昨今、民間による介護施設の充実という点で、大きな期待が寄せられています。

サービス付き高齢者住宅は基本的に、「まだ介護の必要がない、比較的元気な高齢者のための施設」です。

引用元:みんなの介護

 

高齢化社会、いや超高齢化社会と言われている現代で高齢者の方が利用する施設のニーズは益々増加していきます。

 

そんな中、施設の数足りていない働き手が足りていないという問題があります。

 

以前であれば社会福祉法人というのがメインでしたが、今では民間の営利法人が子会社やグループ会社で介護事業を始めるケースが増えています。

 

「銀木犀」は特別養護老人ホームなどに入居できない方が、自宅で過ごすのと同じような環境で過ごすことのできる施設です。

「銀木犀」の口コミや評判は?

入居率98%で大人気の「銀木犀」ですが、実際の利用者の方の口コミ評判はどうなんでしょうか?

 

いくつかありましたので、紹介します。

重要なバリアフリー率や、入浴スペースなどの介護施設としての機能面も申し分ない感じ。

引用元:https://www.hospitality-ichigawa-city.org/ginmokusei-ichikawa/

これは恐らく利用者の家族の書き込みではないでしょうか。

最上級の評価ですね。

 

続いては、

とても綺麗でオシャレな建物です。 門を開けると緑やオシャレな木を植えてあり、それにあった置物もある。室内は木目調で落ち着いた雰囲気の良い様子です。食堂のテーブルも椅子も、こだわりのある匠の手作りです。

引用元:https://en-hyouban.com/company/10200007471/

これは実際に働いていたの人の評価ですね。

この方は悪い点についても、書かれていました。

見えない部分の雑なな作り方がきになるし、いざ、大きな地震が来たときに耐えれるのかといった面で不安要素か残る。オシャレと効率的とは違うので、そこら辺をキッチリ考えてるかという点である。

引用元:https://en-hyouban.com/company/10200007471/

 

利用者の方が高齢者なのであまりネットに口コミ評判を書き込むというのは難しいかもしれませんが、「カンブリア宮殿」で放送されてさらに認知度が広がるので、いい意味でも悪い意味でもさらに注目が集まると思いますね。

[ad#1]

銀木犀の費用は?

現在入居率98%を誇る人気施設の「銀木犀」ですが、気になる費用について見ていきたいと思います。

 

入居金は0円、

月額料金は17万640円〜17万4,640円です。

 

その内訳は、家賃が6万7,000円生活支援サービス費が2万7,800円共益費が24,000円食費が51,840円になります。

 

介護保険自己負担・医療費・消耗品(おむつ等)別費用となります。

 

正直もっと衝撃的な費用かと思ったら、意外と良心的な費用だなと感じました。

銀木犀の食事は?

衣食住の中でも特に気になる「食」の部分である「食事」について見ていきましょう。

 

住む場所が最高でも毎日の朝・昼・夜の食事が自分に合わなければ、それは非常に辛いものとなります。

 

しかし「銀木犀」ではそんな食事の心配も無用です。

 

朝・昼・夜の食事は1階にある大食堂で提供されます。

 

食事の内容も一品一品、一から手作りで作られ、材料の調達からこだわり厳選させれたその材料から日々の食事が作られます。

 

さらに「刻み食」にしたらい、「ミキサー食」「腎臓病職」「糖尿病職」など、利用者の体の状況に言わせて臨機応変な対応をしてくれます。

 

さすがは「銀木犀」と言わざるを得ない完璧な食事のサービスですよね。

 

僕も将来施設に入るなら、こんな施設に入りたいって本当に思っちゃいますよね。

[ad#1]

まとめ

これからさらに高齢が進み、高齢化社会ではなく「超高齢化社会」がやってくることがもうわかっています。

 

そんな中、従来どおりの老人ホームなどの高齢者施設のあり方が問われる時代がきています。

 

利用される方だけでなく、サービスを提供する側も何かを変えないといけません。

 

そんな中で株式会社シルバーウッドが運営する「銀木犀」は現在の高齢者の方のニーズをしっかり把握し、今までとは違った視点で施設のあり方を変えてきています。

 

このような施設が増えていくことで、高齢者の方に安心して老後を過ごしてもらいですね。

 

僕だっていつかはお世話になる可能性が極めて高いので、今は無関心の人も多いかもしれませんが、しっかり真剣に考えて向き合っていかなければいけない課題だと思います。

コメント