阪神の藤浪が菊池、大瀬良に死球!コントロールが悪いのはイップスか?

8月16日(水)、約2ヶ月ぶりに

広島戦に登板した、阪神

藤浪晋太郎投手ですが、

残念な結果となってしまいました。

阪神・藤浪、相手先発の大瀬良に死球 4回は菊池に2つ目、復帰登板で大荒れ

2回、先発の大瀬良投手に

まさの肘に死球

4回には菊池にも死球を与え

両軍がホームに集まり

あわや乱闘騒ぎの事態に。

結局2ヶ月ぶりの復帰戦の

藤浪投手の結果は、

5回途中3失点、球数は107球、

7安打、7四死球(2死球)

もはや先発投手としては

最低最悪の成績です。

藤浪投手は大好きな

選手なだけに残念です。

なぜこんなにコントロール

悪くなってしまったのでしょうか?

確かに元々いいわけではありません。

が、程よく散らばって球数は多くても

三振を多く取り、完投もできる投手でした。

藤浪投手がこんなになってしまった理由を

筆者の目線で書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

何故コントロールが悪くなったのか?

筆者が思うに最も大きな要因は

メンタル(精神面)だと考えています。

元々、死球や打たれた時の表情が

弱々しい不安な顔をするのは

試合を見ていて感じていました。

大阪桐蔭時代に春夏連覇という

とんでもないことを成し遂げた投手です。

プロに入ってから感じたのは

調子の浮き沈みです。

高校では正直怖いもの知らず

だったと思います。

あの長身150kmを超えて、

腕も長くて打者と近くて、

そして変化球ではスライダー

曲がり方が既にプロレベルでした。

しかし、

プロではそうはいきません。

変化球は見極められて、

ストレートは弾き返される。

しかしそんな中でもある程度の

結果は出してきました。

インステップの修正が原因では?

野球に詳しい人なら

「インステップ」と聞いて

すぐにわかると思います。

「インステップ」とは右投手でいうと、

投げ出す時の左足が真っ直ぐではなく、

右打者側に踏み出し投げる投げ方です。

右バッターからすると自分に

向かってボールがくる感じです。

正直怖いです。

インステップで投げると、

・肘への負担がかかる

・ボールがシュート回転する

・ボールが抜ける(右打者へ死球増える)

などと言ったデメリットが

よく言われます。

藤浪はずっとこの「インステップ」

おじさん解説者たちに指摘されていました。

正直メジャーにはゴロゴロいます。

でも日本人は御存知の通り、

とか、左右対称とかが

とにかく好きなんですね。

そして藤浪も少し調子を崩すと

そのインステップの矯正

始まりました。

ある程度時間をかければ

直ってはきます。

藤浪もまっすぐになってきました。

しかし、

結果は伴いません。

ここでかなり混乱してきたのではないかと

筆者は推測しています。

個人的にはメジャーのように

本人の特徴を無闇に矯正する

それが藤浪に悪影響を

与えたと思っています。

インステップじゃなくなると、

逆にクセ球が売りだったので

綺麗な真っ直ぐで、打者からすると

非常に打ちやすく感じます。

同じスピードが出ても打者には

以前のクセ球の藤浪の方が

打ちにくいはずです。

以上のように、結果が出ない、

インステップを矯正してまっすぐにした、

でも、打たれるし、四死球も多い。

このあたりのことでかなり

悩みまくったと思います。

もしかしたら、そこから

「イップス」

なっているのではないでしょうか。

スポンサードリンク

藤浪はイップスなのか?

イップスとは、

精神的な理由が原因で

体が本来の動きができなくなる症状です。

最近では2,000安打を達成した

阿部慎之助選手も、過去に

イップスだっと言っていました。

阪神の糸井も投手で入団し、

イップスが原因で野手に

転向したと言われています。

藤浪のこのコントールが

悪い原因は、

本人のやる気や気合や

練習量の問題ではなく、

「イップス」

なってしまっているかもしれません。

もしイップスならことは深刻です。

きちんとしたトレーナーに

ついてもらって、

技術ではなく、まずは精神面

ケアからはじめていかなければ

なりません。

阿部慎之助も!?イップスって何?どんな症状?過去になった選手は?

まとめ

2ヶ月ぶりに登板した藤浪ですが

7四死球(2死球)という非常に

不甲斐ない結果で終わってしまいました。

阪神の間違いなくエースになるべき

投手が、この藤浪です。

このまま終わってしまうような

器ではないと信じています。

大谷の綺麗な投げ方よりも

癖があって、筆者はすごく

期待している投手です。

もしも上記で書いたように、

「イップス」だったとしたら、

治るのには時間がかかります。

野手のようにだましだましは

投げることはできません。

阪神だけでなく、球界を

代表する投手です。

間違いなくメジャーにも

いずれ挑戦する投手だと思っています。

コントロールが悪くなった原因を

本人もコーチもトレーナーも

気づいて、しっかり受け入れて、

本来持っているポテンシャルを

最大限に爆発させてくれる日が

必ずくると思います。

筆者藤浪の投げ方もクセ球も

大好きなので、

阪神ファンではありませんが、

いち野球ファンとして、藤浪の

完全復活を心待ちにしています。

阿部慎之助も!?イップスって何?どんな症状?過去になった選手は?

バレンティン、矢野コーチ退場!何故藤浪はコントロール悪いのか?

WBCの後遺症なのか!?筒香、中田、石川、千賀、藤浪、不調の原因は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする