藤井聡太が負けた!佐々木勇気とは!?なぜ負けた!?敗因は?


引用元:日本将棋連盟より

ひふみんに勝ってから

驚異的な29連勝

していた、

藤井聡太4段が

遂に負けを喫しました。

個人的には羽生さん

連勝を止めるかと

思っていましたが、

今日藤井4段の

30連勝を止めた

相手の名前は、

佐々木勇気5段です。

目力王子などと

言われていて、

かなりイケメンです。


引用元:日本将棋連盟より

どうですか?

イケメンですよね!?

こりゃ人気出ますよー(笑)

さて、そんな藤井4段の

連勝を29で止めた

佐々木勇気5段について

詳しく見ていこうと思います。

そして、なぜ負けたのか?

その敗因について見ていきます。

スポンサードリンク

佐々木勇気5段のプロフィール

【名前】佐々木勇気(ささき ゆうき)

【生年月日】1994年8月5日(22歳)

【出身地】埼玉県三郷市

【師匠】石田和雄九段

【竜王戦】4組

【順位戦】C級1組

プロ入りは2010年10月1日

当時16歳の時でした。

生まれはなななんと!

スイスのジュネーブです!

確か国際連合が

あるところですよね?(笑)

フランスに住んでいましたが

設備の整っている

ジュネーブの病院で

お生まれになったようです。

1歳半までフランス

その後埼玉

引っ越されています。

ただ、ハーフでは

ないようですね。

今回の藤井4段に

勝利したことで

一気に知名度が

上がったと思います。

そして何より

ビジュアル

いいっていいうのは、

かなりの「武器」

言えるでしょうね。

将棋を始める人もかなり

増えてくると思います。

藤井4段効果で

将棋界がかなり

変わってきましたね。

卓球なんかもそうですが

若手が、特に10代が活躍すると

一気に人気に火が着きますね。

そして、何かトピックが

あれば、

一気にネットで情報が

広がります。

今、過去には少し

マイナーだった競技に

徐々に火がつき始めましたね。

スポンサードリンク

藤井聡太4段の敗因は?

佐々木勇気5段は対局後の

インタビューで、

「私たちの世代の意地を見せたかった」

と言われました。

ちょっと痺れましたね。

藤井4段の30連勝への

プレッシャーも

ものすごいもので

常軌を逸しているような

プレッシャーだったはずです。

しかし、自分よりも

年下で、

しかも負けてしまえば、

30連勝を献上してしまう

それを阻止するための

プレッシャーもこれまた

尋常ではなかったはずです。

勝利後のインタビューは

本当にそれが伝わってきて

かなり熱いものがありました。

これもコメントで

佐々木5段が言われていましたが、

内容にこだわれば勝てない、

勝つための将棋をする

そのようなことを

言われていました。

プロだなって思いましたね。

確かに自分の得意な形で

相手を負かすのも

カッコイイと思います。

しかし、プロである限り

何より重要なのは

絶対に「勝利」です。

それを佐々木勇気5段は

見せてくれました。

野球やサッカーでも

同じことってありますよね。

特にプレーオフ

日本シリーズ

負けたら次がない場合に

優先すべきは「勝利」ですね。

ペナントならやり直しが

ききますが、

一発勝負の世界では

それはできません。

佐々木5段の発言で

それを強く感じました。

スポンサードリンク

まとめ

ここ数ヶ月ニュースや

ネットを盛り上げてくれいる

藤井4段の将棋

こういうブームって

たまにきますが、

本当にすごいですね。

今日のフジテレビなんて、

選挙特番のMr.サンデーに

ひふみんが解説で

出演していて、

選挙速報の途中で

将棋のコーナーに

なりましたからね。

視聴率欲しくてたまらない

テレビ局と、

都民以外は興味ないであろう

都議選の話題ですから、

全国的に見たら

将棋の方が気になるでしょうね(笑)

僕も小学校の時の

NHK連続ドラマ小説

「ふたりっ子」に

影響されて、将棋を

1から覚えたので、

将棋の話は見ていて

少しはわかるし、

非常に面白いです。

藤井4段効果に

ベテラン勢も

乗っかって、

将棋界がさらに盛り上がって

欲しいですね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. kannjirou より:

    藤井四段が何故負けたとか、敗因はとか・・・表現がおかしくないですか?
    だって、相手は佐々木五段ですよ。
    相撲で平幕の力士が横綱や大関に負けた時(負けるのが普通)に、何故負けたとか敗因は?とか表現しないですよね。
    まあ、横綱、大関とは言わないまでも、佐々木五段は現在、タイトルに最も近い若手棋士といわれる逸材ですよ。
    藤井四段の敗因も何も何故も何も、佐々木五段が勝って当たり前ということです

    • shunpi より:

      コメントいただき、ありがとうございます。
      確かに佐々木5段が勝って当然の試合ですよね。
      メディアに踊らされていました。
      素晴らしいコメントありがとうございます。