カヌーの薬物混入は鈴木康大?実名報道しないのはなぜ?wikiや画像、プロフィール

カヌーの日本代表候補ライバルのドリンクに禁止薬物であるステロイドを混入させたことが判明しました。

2017年9月に石川県で行われた大会でその事件は起きました。

この大会に出場したいた32歳の男性選手、25歳の男性選手の飲み物に禁止薬物を混入していたせいで、25歳の選手は試合後にドーピング検査で陽性となっていました。

被害者が無実を訴え続けた結果、カヌー連盟が捜査を行い、32歳の選手の犯行が浮かび上がったということです。

犯人である32歳の選手は犯行を認めているということです。

こんなノンフィクションのような話が現実のスポーツの現場で起こってしまったという本当に悲しい事件です。

2人も東京五輪の代表候補ですし、2017年8月にチェコで行われた世界大会にも出場されています。

さて、今回の事件で加害者の32歳の選手と被害者の25歳の選手がいるわけですが、なぜ実名で報道されていないのでしょうか?

また、32歳というと鈴木康大では?との噂も流れています。

そんな鈴木康大選手のwikiや画像、プロフィールも調べてみました。

※1月9日(火)正午頃、追加の報道で加害者が鈴木康大選手被害者が小松正治選手と正式に発表がありました。

スポンサードリンク

薬物混入は鈴木康大選手なのか?

ネット上でも鈴木康大選手ではないか?とい噂が今日の朝から流れています。

まだ確定したわけではないので、絶対にこの人がやったと言ってはもちろんダメです。

鈴木康大選手が疑われている理由は、2017年の日本代表選手一覧の中に鈴木康大選手が入っていて、なおかつ32歳というのが彼しかいないのです。

※1月9日(火)正午頃、薬物を混入したのが鈴木康大選手

薬物を混入されたのが、小松正治選手ということが正式に判明しました。

実名報道しないのはなぜか?

このニュースを見た時にまず感じたことは、なぜ性別と年齢しか報道していないのか?ということです。

成人男性の被害者、加害者の事件なのになぜ何故なんでしょうか。

不倫やDV、窃盗や殺人など、成人であれば実名報道が当たり前ですよね。

現時点で報道した側がまだ正確な情報を掴んでいないから、性別と年齢だけを伝えたのか、もしくは何か別の力が働いているのかというところでしょうか。

鈴木康大Wikiプロフィール

生年月日:1985年10月6日(32歳)

出身地:千葉県

身長:180cm

体重:83kg

血液型:O型

学歴:立命館大学

スポンサードリンク

鈴木康大の画像


引用元:https://www.joc.or.jp/games/asia/2014/japan/canoe/suzukiyasuhiro.html

カヌーの選手はハネタク以外の人を1人も知りませんが、こんなイケメン選手が他にもいたんですね。

活躍すればもっと人気が出たと思いますが、ハネタクが築き上げてきたものを彼が壊してしまった感じがありますね。

メディアにも出て、人気者で面白いし、非常にカヌーのために尽力されているのに、かたや勝つためにライバルに禁止薬物ステロイドを混入するなんて、もうありえない男ですね。

まとめ

ライバル選手の飲み物に薬物を入れたという前代未聞の事件が起きてしまいました。

本人も犯行を認めているので、完全に黒であることが判明しました。

この鈴木康大選手にはそれ相応の罪の償いをしていってもらいたいですね。

ただ、一番つらかったのはもちろんですが、被害者の小松正治選手であることは間違いありません。

ドーピング検査に引っかかったしまった瞬間は本当に怖かったと思いますし、周りもそういう目で見ていたと思います。

小松正治選手の訴えでカヌー協会がしっかりとした対応をして、鈴木選手の犯行が判明したことは本当に良い対応だったと思います。

鈴木選手は罰則を受けるのか、追放されるのかはわかりませんが、相撲にしろ、スポーツの世界が少し揺れている気がしてなりませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク