プレミアムフライデーってどう思う?成功か?失敗か?

 

プレミアムフライデー、あなたは午後3時に帰ることができましたか?
https://news.yahoo.co.jp/polls/domestic/28022/result2

Yahoo!にこんな記事が出ていました。

2月26日、15:00の結果を見てみると

・午後3時までに帰った 3.1%
・午後3時は過ぎたが、いつもより早く帰った 3.9%
・いつも通りの時間に帰った 62.6%
・いつもより遅い時間に帰った 30.4%

これを見てわかるのは、ようは93%は
今までと何も変わっていないということだ。

まあだれもが予想できる結果だと思う。

いくら口ではプレミアムフライデーといっても
15時に仕事が終わっても、業務に支障が出ない
そういう仕組がない企業には無謀だ。

でも僕はこの対策には「賛成」だ。

日本人が昔から伝統のように行ってきた
長時間労働、終身雇用などを見直す時がきている。

単純作業はどんどんロボットに奪われていく。

ロボットは
・疲れない
・悪口や愚痴を言わない
・風邪も引かない
・正確でスピードも早い

こんなことはもう誰もがわかっている。

AIとかロボットの話が尽きない現代で
遂に日本人の働き方の改革をする時がきた。

プレアムフライデーもまだまだ大手企業しか
実現しないだろうし、世間もみんなわかっている。

でもこれが時間とともに導入する企業が増え
それが当たり前という雰囲気が増えていけば
大手以外の企業もやらざるを得なくなる。

恐らく求人情報の中にも「プレミアムフライデー」導入済
などの項目も出てくるだろう

そしていつしか
「まだ導入してないの?」
「導入してないとかありえないよ?」
「導入しないと学生は採用できないよ?」

みたいな風潮になっていくのではないかと思っている。

昨日、小池都知事が

東京都、時差通勤を推進 満員電車解消へ国、鉄道各社と協議会http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB24H82_U7A220C1L83000/

という発表をした。

毎朝あの地獄のような顔をして出勤する
日本のサラリーマンは本当に異常だ。

自分立ちの国がいつまでも先進国で最前線に
いると思っていては本当に危険だ。

「働き方」については、かなり途上国だと言える。

とはいえ僕自身も古い考え方の会社にいる。

日々色んな情報に触れ。色んな人に会って
会社の古い常識に染まらないようにしたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする