ANA(全日空)の飛行機が緊急着陸!与圧系とは?怪我人は?

本日8月12日、羽田発

伊丹空港行きのANAの

飛行機が、

離陸15分後羽田空港

引き返し、緊急着陸しました。

CAの声が震えていた」 全日空機が与圧系統の不具合で緊急着陸 けが人なし

乗客の話では、離陸後に

エンジンの後方部で

爆発音のような音

したとのこと。

さらに乗客の話では

CAの声も震えていて、

ツイッター上では

乗客らしく人物が

酸素マスクが出てきたという

投稿もありました。

スポンサードリンク

与圧系のトラブルとは何か?

ニュース記事の中に

「与圧系統のトラブル」

原因と見ているとあります。

与圧系統とは一体

何のことなのでしょうか?

正直初めて聞きました。

出張や帰省で飛行機に乗る

機会も結構あります。

気になったので調べてみました。

ここで専門的なことを

書いても意味がわからく

なると思いますので

簡単に書きたいと思います。

与圧とは、

飛行機などの内部を

一定の気圧に保つこと

ということです。

つまり、

飛行機が正常に飛行するために

機内の気圧を調整するための

そういった機器があって、

そこに離陸後にトラブル

発生したということになります。

乗客が言うように

爆発したような音

本当だったと思うと

本当に怖かったと思います。

怪我人はいなかったのか?

8月12日の午後6時に

離陸後に引き返して

緊急着陸しましたが、

20時の時点で怪我人の

報告はないということです。

ひとまず安心ですね。

機長も落ち着いた対応で

さすが日本の航空会社ですね。

車の事故などと比べると

飛行機の事故は圧倒的に

少ないとは言え、

地上から遥か離れた

場所での事故は

本当に怖すぎますね。

スポンサードリンク

まとめ

お盆休みの真っ只中に

起きた緊急着陸の

ニュースでした。

怪我人がいないことが

何よりよかったと思います。

仕事柄飛行機に乗ることは

非常に多いので、

こういうニュースを聞くと

非常に怖いですね。

しかし最強に便利な

乗り物です。

乗らないという選択肢は

ありえないので、

これからもANAさんを

信じて飛行機に

乗りたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする